2015年08月14日

「黒パグナイトの神奈川 箱根くつろぎの旅 強羅公園〜二の平温泉の犬湯(ペットの温泉)〜灯街道・箱根湯本」



映画動画紹介:
黒パグナイトが神奈川県箱根町の強羅公園と二の平温泉・箱根の森足湯の犬湯(ペットの温泉)をわんわんレポート♪歴史ある強羅公園の噴水やヒマラヤ杉、色々な碑を見て回ります。所変わって二ノ平温泉では、箱根の森足湯の犬湯で源泉かけ流しの全身浴。おまけは箱根湯本のイルミネーションイベント灯街道・箱根湯本です☆彡(ハイビジョン6分作品)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ロケ地:神奈川県足柄下郡箱根町
撮影日:2015年8月
参考URL
箱根強羅公園
二の平温泉供給有限会社 箱根の森足湯
箱根湯本の観光・宿泊・イベント情報 | 箱根湯本観光協会【公式】

駐車場 駐車場メモ
強羅公園・・・施設付属の駐車場を利用しました。
箱根の森足湯・・・施設付属の駐車場を利用しました。
灯街道・箱根湯本・・・箱根湯本駅近くのコインパーキングを利用しました。

あせあせ(飛び散る汗)混雑度メモ
強羅公園・・・訪問したのは夕方で割りと空いてました。
箱根の森足湯・・・穴場的スポットのようで、待たずに入れました。
灯街道・箱根湯本・・・ほどよい混雑でした。

犬 犬の同伴条件メモ
強羅公園・・・公式サイトにワンコは要リード装着で入園可、屋内施設と白雲洞茶苑はNGとありました(2015年9月現在)。
箱根の森足湯・・・屋外施設で特に制限はなく、ワンちゃんフレンドリーな温泉でした。
灯街道・箱根湯本・・・犬連れに関しての制限の表示は特に見かけませんでした。箱根湯本駅付近は街中で沢山の人が歩いているので、マナー遵守を心がけたいと思いました。

レストラン 犬連れ飲食メモ
強羅公園正門からすぐの所にあるカフェレストランバビというお店が、テラス席ペットOKの表示があって行ってみたかったのですが、私たちが行った日はお休みの日だったようで開いてなくて残念でした。強羅公園内のCafePicはペットNGの表示を見ました。

目 オススメ情報
二ノ平温泉の箱根の森足湯さんですが、美肌の湯ということでワンコにはどうかなと興味津々で利用したところ、黒パグナイトの毛がサラサラになってすごく良かった☆彡箱根の森足湯のオーナーさんによると、皮膚に疾患のあるワンちゃんや関節や腰を痛めているワンちゃんがリピート利用しているそうです。このお湯がすっかり気に入ってしまって、温泉水を18ℓポリタンクに入れて販売しているというのでお持ち帰りしちゃいました。空のポリタンクを持っていくとそこに入れてもらうことも出来るそうです。とても良心的な価格なので有難かったです。

exclamation注意
強羅公園は斜面に作られた公園なので階段が多く、階段の上り下りが負担になるワンちゃんは注意が必要です。また、頻繁に階段を上り下りするので、ペットカートの利用は難しいです。階段はおおめですが、割と小ぢんまりした公園なので、大きな駅の階段を上り下りする程度の体力がある方なら、無理なく楽しめると思います。ローズガーデンからは愛犬と箱根名物○○○を眺めることができますよ。漢字三文字が入ります。これのイベントは混雑がすごそうなので愛犬と行くのは無理と諦めていましたが、こんな所で見ることができるとは!と感動でした。伏せ字が気になった人はムービーを視聴してみてね(^_-)-☆

ペン鈴っぴの制作後記
強羅公園に行く前に箱根旧街道杉並木を歩いたのですが、東京ではとうの昔に終わった紫陽花の花が結構残っていて、東京とは草木の様子が違うなと思ったのですが、灯街道・箱根湯本を見にいったあじさい橋でも同じようなことがありました。それはセミの声です。東京のわが家の辺りではほとんど聞くことのないヒグラシのカナカナカナカナ…という声が頭上の木立から降り注ぐように聞こえてきて、あじさい橋がかかる早川の川の流れの音と相まって、趣のある涼しげな調べを成していました。五感を通して感じるその土地の風情は、旅の醍醐味と思います。あじさい橋のひぐらしの声はムービーのエンディングで聴くことができますので、お楽しみくださいね(^^)

★このブログはリンクフリーです。リンクして頂いた際はご一報頂けますと、シッポふりふり喜んじゃいます!★
★お問い合わせやご連絡はこちらまで★
★ワンコとお出かけをする際は、事前に訪問先のワンコ受け入れ状況をご確認ください★

ニックネーム 鈴っぴ&スージー広野 at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月13日

「黒パグナイトの神奈川 箱根旧街道の旅 石畳〜杉並木〜恩賜箱根公園」


(PCの方は再生ボタン、携帯の方は作品タイトルをクリック)

作品紹介:
黒パグナイトが神奈川県箱根町の箱根旧街道をわんわんレポート♪ 旧街道石畳から、お玉ヶ池、芦ノ湖遊覧船乗り場、賽の河原、箱根の杉並木、恩賜箱根公園までを旅します。江戸情緒いっぱい、お土産付きのワンワン旅をどうぞお楽しみ下さい☆彡(ハイビジョン6分作品)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ロケ地:神奈川県足柄下郡箱根町
撮影日:2015年8月
参考URL
『箱根全山』旅のテーマパーク箱根 - 箱根町観光情報ポータルサイト

駐車場 駐車場メモ

<箱根旧街道石畳>
県道732号(旧東海道)沿いにあって道路からすぐの所にあるスポットですが、駐車場がなく、付近にカーブやバス停があるので、車をとめる際には注意が必要です。私たちが訪れた時は車の通行がほとんどなかったので、他の車やバスの邪魔にならない所にちょっとだけ車をとめて、ササッと見学しました。

<遊覧船乗り場>
すぐ近くに有料Pがありますが、私たちはちょっと離れた所にある無料Pを利用しました。

<賽の河原>
すぐ近くに有料Pがありますが、私たちはうんと離れた所にある無料Pを利用しました。

<杉並木>
箱根恩賜公園の駐車場に車をとめて、そこから歩きました。箱根恩賜公園の駐車場から杉並木まではすぐで、丁寧に道案内の表示がしてあったので迷わず行けました。

<箱根恩賜公園>
箱根恩賜公園付属の駐車場を利用しました。

あせあせ(飛び散る汗)混雑度メモ
訪れたのはお盆の時期でしたが、箱根山入山規制の影響があるのか、どこも結構空いていて、渋滞もほとんどありませんでした。混雑がないのは犬連れには有り難いことですが、地元の観光業に携わる方々のことを思うと気の毒でなりません。入山規制に関しては、道路が通行止めになっている区間の案内を色々な場所で見かけましたが、地震や噴煙といったはっきりと分かる異常は、現地では全く感じませんでした。

犬 犬の同伴条件メモ
現地では犬の連れ込みを制限する表示は特に見ませんでした。芦ノ湖遊覧船乗り場の売店は店内ワンコNGの表示がありましたが、とても優しい言葉で書かれた表示だったのでかえって心あたたまりました。遊覧船を運営している伊豆箱根鉄道さん、ありがとう♪ちなみに、遊覧船乗り場の売店には犬連れ客の心をくすぐる“あるもの”が売っていました。詳しくはムービーをご覧くださいね(^o^)丿

レストラン 犬連れ飲食メモ
ムービーでは紹介していませんが、芦ノ湖遊覧船乗り場の近くにある「芦ノ湖テラス」でランチを頂きました。テラス席がワンコOKのお店で、イタリアンのお料理がとっても美味しかったです。犬連れ観光客には人気のお店のようで、席が空くまで小一時間待ちました。今回の箱根旅行で一番混雑していたのがこのお店でした(^_^;)

目 オススメ情報
ムービーに登場する大涌谷くろたまご館さんのアンテナショップ「くろたまSHOP元箱根店」さんについて。2015年8月現在続いている箱根山の入山規制で、大涌谷が立ち入り規制エリアに指定されているため、名物の黒たまごの製造ができず、大涌谷のお店も営業を停止してしまったくろたまご館さん。そうした事態になってから、芦ノ湖の遊覧船乗り場に近い元箱根に空き店舗を見つけて、アンテナショップを新たにオープンされたのだそうです。

今回の箱根旅行ではくろたまSHOP元箱根店さんを2回訪れましたが、2度とも明るい笑顔と元気な声で私たちを迎えてくれました。黒パグナイトは、可愛いですねと声をかけてもらったり、さわっても大丈夫ですかと尋ねてくれてから撫でて可愛がったりしてもらいました。店員さんは、入山規制で大涌谷で営業ができなくなってから、励ましの電話など沢山の方から応援をいただいて、本当に有り難いですと、お話ししてくれました。その輝くような表情を拝見して、人は想像を絶する困難に直面したとしても、希望を失わずに歩みを続けられるのだと、改めて教わった気がいたしました。

私たちがお土産に買ったお品の中の「燻製黒タマゴ」は、入山規制以前は大涌谷で作った黒たまごを燻製にしていたのを、入山規制後は黒たまごを作れなくなってしまっているので普通のたまごから作るようになったのですが、燻製にする作業を行っている業者さんは同じ業者さんなのだそうです。大涌谷の黒たまごが途絶えないように、伝統を守り続けているお品と言っていいと思います。大涌谷黒たまごの復活を祈願して、また買いに行きたいと思う逸品です。しっかり味が付いていてなかなか美味しいのですよ、この燻製黒タマゴ。ビールのお供に合いそうです。お土産にオススメ☆彡

■追記 2015年9月にくろたまSHOP元箱根店さんを再訪問したのですが、お店は閉店していました。2015年9月23日22時6分スポーツ報知によると、大涌谷くろたまご館を運営する奥箱根観光さんは、夏休み中は臨時店舗による営業をされていたのですが、2015年9月現在は営業活動を全てストップしているとのこと。再開を信じて待っています!

exclamation注意
避暑地として親しまれる箱根ですが、2015年の夏は最高気温予想が30度付近の日があり、ワンコも人も暑さ対策が必要です。私たちが訪れた時はたまたま曇の多い日だったので過ごしやすかったのですが、雲のない晴天だと結構キツイと思います。そんな時に心強いのが箱根の杉並木で、ここは本当に涼しくて天国です。地面は柔らかい土ですし、道幅も広くてワンコと歩くには最高です。恩賜箱根公園も、湖畔展望館のある中央広場より下は木陰が多いので涼を取ることができます。恩賜箱根公園の中央広場ですが、2015年8月現在の情報になりますが、広場内の水飲み場になんとワンちゃん用の水飲みボウルが設置されているんです!愛犬家の方はご自由にご利用くださいという内容の表示がしてあって、ホントに有難いです。

ペン鈴っぴの制作後記
2015年のGW中に箱根山の噴火警戒が始まってから、ネットやニュースを通じて箱根町の観光業が大打撃を受けていることを知り、少しでもお役に立てればと、夏休みの旅行で箱根に行くことを決めました。旅行中はある程度危機意識を持ってと思っていましたが、実際に現地に足を運んでみると、すぐそこで噴火がおきそうな状況であるとは全く分からないような平穏さでした。それにも関わらず、大涌谷に近いエリアはお盆休みのさなかとは思えないようなひと気の少なさで、この町の人々がいかに厳しい状況に置かれているのかをうかがい知ることが出来ました。人が怪我したり、建物が壊れたりといった、目に見えた被害が起こっているわけではありませんが、深刻な事態が生じています。そんな時こそ、一人一人が観光という立場で出来る支援の形があると思います。普通に旅をして、普通に楽しんで、そうすることで少しでも誰かの助けになれば、嬉しい。その旅に愛犬も一緒に連れて行けるなら、なお嬉しいです。わが家の犬連れ旅は、ちょこちょこ車をとめていろいろな所を見て回るのがスタイルなんですが、箱根は駐車場が結構あって見どころも多いので、うちに合うんですよね。距離も近いですし、これからもどんどん行きたいと思います♪

★このブログはリンクフリーです。リンクして頂いた際はご一報頂けますと、シッポふりふり喜んじゃいます!★
★お問い合わせやご連絡はこちらまで★
★ワンコとお出かけをする際は、事前に訪問先のワンコ受け入れ状況をご確認ください★
ニックネーム 鈴っぴ&スージー広野 at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月19日

「黒パグナイトの神奈川 三浦市 京急油壺マリンパーク きずな深まる愛犬フェスタ2015夏 ○×クイズに挑戦だワン!」



映画動画紹介
黒パグナイトが神奈川県三浦市の水族館・京急油壺マリンパークのドッグランオープンを記念して開催されたペットのイベント「第1回きずな深まる、愛犬フェスタ」をワンワンレポート♪ ワンコに関する○×クイズ、最後まで残れるかな!? 似顔絵を描いてもらったり、災害時に備えたもしもブックを作ったり、楽しいイベントだったワン☆彡(ハイビジョン5分作品)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ロケ地:神奈川県三浦市 三浦半島 京急油壺マリンパーク
撮影日:2015年7月
参考URL
京急油壺マリンパーク

駐車場 駐車場メモ
施設付属の駐車場があります。私たちは油壺マリンパークに行く前に、荒井浜海水浴場からマリンパーク下の胴網海水浴場までの散策を楽しんだ関係で、荒井浜海水浴場最寄りの市営油壺駐車場を利用しました。

あせあせ(飛び散る汗)混雑度メモ
7月の連休の中日に行きまして、マリンパークは沢山のお客さんで賑わっていましたが、ほどよい混雑でした。ワンコのイベントデーだったので犬連れの人も沢山来ていました(^^)

犬 犬の同伴条件メモ
京急油壺マリンパークさんは、随分前からワンコが入れる(小型犬だけでなく大型犬もOK)水族館として犬連れお出かけの口コミで話題になっているスポットだったんですが、2015年の7月、園内になんとドッグランがオープンして、さらにワンコフレンドリーなスポットになってくれました。それに伴い、ワンコが入園する場合はワンコの入園料が必要になったのですが、今まで無料で受け入れてくれていたのが不思議なくらいで、私はワンコの入園が有料になっても全く気になりません。犬の入園やドッグラン利用の条件に関しては、公式サイトに詳細が記載されてますのでそちらをご覧いただければと思います。

レストラン 犬連れ飲食メモ
マリンパーク内のレストラン「ログテラス」の屋外テラス席はペット同伴OK。この日はイベント参加だけでレストランを利用しなかったので、次回行ったら、B-1グランプリで受賞したという「三崎まぐろラーメン」を食べてみたいですね。

目 オススメ情報
このイベントは、大手のペットイベントのように芸能人が来てしゃべるというような派手さこそはないものの、愛犬家のことを考えて工夫をこらしたプログラムが用意されていて、楽しめました。ムービーはイベントで行われたワンコに関する○×クイズの紹介が中心になっていますが、災害時に備えた「わがやのもしもブック作成」(展示中心)はすごくためになりましたし、ペットの似顔絵コーナーも楽しかった♪油壺マリンパークのきずな深まる愛犬フェスタ、またやるといいな〜と思っていたら、2015年10月と2016年3月に開催され、2016年4月GWの開催が決定したそうです。これからもずっと続きますように!

exclamation注意
夏の一番暑い盛りの7月中旬開催のイベントだったので、ワンコの熱中症対策の準備をかなりして行ったのですが、現地に着いてみると、雲や風の恩恵で奇跡的にそれほど暑くなかったので助かりました。主催者側から、気温の予報があまり暑い場合は無理せず愛犬は家にお留守番をというアナウンスがあり、夏場はそうした判断をすることも大切だと思いました。気温の予報などからマリンパーク行きを決行する場合、熱された地面からワンコの足を守るためのペットカートは必須です。カートに乗れない大きいワンちゃんの場合は、肉球を保護するための犬用の靴などがあるとよいかと思います。

ペン鈴っぴの制作後記

イベントの会場で、ドッグランの開設やペット入園有料化の経緯をお聞きする機会がありました。マリンパークさんは以前から水族館の館内も犬OKという犬連れにとっては信じられない好条件の施設なんですが、あろうことか水族館の館内でワンコのウ○チを放置していく人がいて、そういう事態に対応していくためにもペットの入園を有料化し、ドッグランを作ってペット連れの人にももっと満足してもらえる施設を目指そうということになったのだそうです。聞いてビックリでした。ウ○チを放置されるなんてことがあれば、犬の入園が禁止されるのが普通なのに、ペット入園の有料化と共にペットのための設備を充実させるという形で問題の解決を図るというのは、考え方として素晴らしいですし、犬を飼う者としては、地面にひれ伏してお詫びと感謝をするしかないって思います。

マリンパークさんのペット受け入れ体制は、犬連れにとって嬉しいというだけでなく、動物愛護の精神に基づいた先進的なものだと感じることがありました。それは、公式サイト記載のペット同伴条件のところに、犬だけではなく猫の同伴について明記されており、犬と猫以外のペットについては事前に問い合わせてくださいと書かれていたことです。ペット同伴可をうたっている施設でも、同伴条件を読むと犬以外はダメと書いてあるところが多くあります。たまに猫もOKと書かれているところを見かけますが、犬と猫以外のペットについてはNGとなっているところが多く、犬と猫以外のペット同伴に対する配慮が明記されている施設は、私が見た中ではマリンパークさんが初めてでした。動物に対する本物の愛情と、ペット同伴来園者に対する思いやりとを感じました。京急油壺マリンパークさんに、改めて感謝と称賛をおくりたいです。

★このブログはリンクフリーです。リンクして頂いた際はご一報頂けますと、シッポふりふり喜んじゃいます!★
★お問い合わせやご連絡はこちらまで★
★ワンコとお出かけをする際は、事前に訪問先のワンコ受け入れ状況をご確認ください★
ニックネーム 鈴っぴ&スージー広野 at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント・ペット編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする