2016年02月21日

ポレポレ映画祭2016(福島県いわき市)でポレポレ賞を受賞しました☆彡

福島県いわき市の映画館ポレポレいわきの『ポレポレ映画祭2016ショートムービー部門』に出品した黒パグナイトの動画「ワンコの福島応援旅ムービー2013-2014 いわき市〜豊間・薄磯・四倉を訪ねて」が、ポレポレ賞を授与いただきました☆彡

ポレポレ映画祭2016ショートムービー部門【結果発表】
https://www.facebook.com/polepole.shortmovie/posts/961386583937136

出品作「ワンコの福島応援旅ムービー2013-2014 いわき市〜豊間・薄磯・四倉を訪ねて」はこちらです。



この作品は、「ワンコの福島応援旅ムービーいわき市〜豊間・薄磯・四倉を訪ねて」として発表した「灯台が照らす街、豊間」「空を見上げる街、薄磯」「朝日が昇る街、四倉」の三作品を、一本の作品として再編集したものです。映画祭の出品規定により作品分数に制限があったため、三作品それぞれから一部内容を割愛しましたが、いわき旅を重ねてきた今の私の言葉で、冒頭とエンディングを語ってみました。三作品とはまた違った形で、ストレートにお伝えできるものがあるかと思います。

ポレポレ映画祭2016ショートムービー部門受賞作は、ポレポレいわきにて2月28日に表彰式と上映会が行われました。わが家の作品は普段ネットでご視聴いただいていますが、その作品が映画館のスクリーンで上映されるというのは、特別なものがありました。感無量という気持ちもありましたが、それ以上に、複雑な思いがありました。

津波に押し流された薄磯。その街の跡に描かれたガレ花。それがスクリーンに映し出された時、この町所に住んでいた人、今映っている建物跡の家に住んでいた人がもしもこの映像を見たら、どう感じるのだろう。それを撮影した側がどんなに言葉を取り繕っても、当事者のひとにとっては、それが辛い映像であることに変わりはないでしょう。

災害が起きた日から何年経ったとしても、悲しみが消えることはない。その悲しみが少しでも昇華されることを願って、被災した町の映像に祈りの言葉を添えて世に送り出すのだけれども、そうした映像を当事者の方に見せてしまうかもしれないということは、罪深いことではないのか。誰かのためと言いながら、結局は我欲のためにしていることにならないか。それは卑しい行為ではないだろうか。その言葉を、繰り返し繰り返し、自身に問うてきました。

私の人格は、それを語るに耐えうるものだろうか。
私の誠実さは、それを語るに足りうるものだろうか。

その自問自答に終わりはありませんが、表彰式での上映の後に講評でいただいた言葉で、拙い私たちの思いが、当事者の方々の気持ちにわずかでもかなうものであったと知ることができました。講評で頂戴したのは、人柄が現れた作品との言葉でした。また、震災の後たくさんの映像制作者がいわきを撮ったけど、それは原発がからんだものだったりして暗いものが多くて、それを“癒し系ムービー”として見事に表現した、とも評していただきました。そして、この作品が好きです、と言っていただけて、とても嬉しかったです。

福島といわきを犬連れ観光旅で応援したいという気持ちで始まったわが家の旅。その中で、良かった、嬉しかったと思えるできごとに出会えると喜びはひとしおですが、そこで終わってはいけないのだと思います。嬉しいと思う気持ちの、その先へ。誠実さを忘れずに。迎えてくださる方々に感謝して。

ありがとう、いわき。また、会いに行きます。

映画「ワンコの福島応援旅ムービー2013-2014〜いわき市 豊間・薄磯・四倉を訪ねて(三部作バージョン)」はこちらをご覧下さい。

★このブログはリンクフリーです。リンクして頂いた際はご一報頂けますと、シッポふりふり喜んじゃいます!
★お問い合わせやご連絡はこちらまで★
★ワンコとお出かけをする際は、事前に訪問先のワンコ受け入れ状況をご確認ください★

ニックネーム 鈴っぴ&スージー広野 at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島応援旅・東日本大震災復興応援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月02日

福島県いわき市動画コンテストで佳作を受賞しました☆彡

福島県いわき市の市制施行50周年記念『いわきの「いいね!」動画コンテスト』に出品した黒パグナイトの動画「いわき、いいワン!」が、コンテストの結果、いわき市より佳作を授与いただきました☆彡

「いわきの『いいね!』動画コンテスト」入賞作品決定
http://www.city.iwaki.lg.jp/www/contents/1454305693901/
上記サイトから入賞全10作の視聴ができます。
ふるさと愛にあふれた傑作・名作・力作が揃っています♪

出品作「いわき、いいワン!」はこちらです。



いわき市は、わが家が犬連れ観光応援旅でよく訪れている福島の沿岸部にある市で、東日本大震災から間もなく5年が経つものの、未だ復興の途上にある地域があったり、原発事故の深刻な影響が続いていたりして苦労が続いているのですが、そんな中でも明るく元気な町を目指し未来に向かって邁進しています。そんないわきの町の名所・名物・おもしろい土地の言葉を2分間の作品にまとめてみました。

「勿来の関」
(源頼朝と足利尊氏の祖先にあたる源義家公(八幡太郎)ゆかりの場所)

「平城」
(磐城平藩の城。列藩同盟軍はこの城に立てこもり新政府軍を二度撃退した)

「製薬王・星一と石炭の父・片寄平蔵」
(野口英世を支援した星薬科大学の創立者とハワイアンズで有名な常磐炭田の発見者)

「いわき湯本温泉のペットの足湯」
(道後温泉、有馬温泉とならぶ日本三古泉のひとつ。ペットと泊まれる温泉旅館がある)

「朝市の野菜きのこと市内で水揚げされた初鰹」
(新鮮だから美味しいというだけでなく、作り手、売り手のこだわりと情熱が詰まった逸品)

「いわき言葉・くらすける」
(どんな意味だか想像してみて下さい。答えは動画にて!)

「いわきマリンタワーと桜」
(いわきマリンタワーのある三崎公園はワンコ連れに人気の場所。海が見えます♪)

「いわき、いいワン!」には、いわき市の薄磯という町に住んでいるお友だちワンちゃんが登場するのですが、そこで紹介している風景は、町の復旧工事に伴い現在では見ることの叶わなくなった風景です。お友だちワンちゃんにいわき言葉を教えてもらうというくだりなのですが、このパートで私は、このお友だちと出会った時に見た薄磯の風景を是非入れたいと思いました。わが家が薄磯を旅する足がかりとなり、心のつながりをもたらしてくれた「ガレ花」の描かれた防潮堤のある風景です。

しかし、その風景を収録することに私は躊躇いを覚えました。この作品は明るく元気ないわきを表現するということで、BGMがチャッチャラチャッチャラチャララ〜というメロディーなんですが、こんなチャラチャラした曲で薄磯の町のことを語るのは許されるのだろうかと。この作品の中で薄磯の町を語ることは、町の人々の心に寄り添うことと反するのではないか。このくだりでは、薄磯という地名は伏せた方がよいだろうかと、葛藤がありました。

薄磯は、東日本大震災の時、とても悲しい出来事があった町です。津波によって沢山の人が犠牲になり、町が丸ごと押し流されて、人々が生まれ育った街並み、人々が愛した風景の大部分は失われてしまいました。想像を絶する悲しみです。震災から間もなく5年が経ちますが、薄磯の町は復興に向けた工事の途上にあり、災害公営住宅はできましたが、街並みはまだ戻ってはいません。

忘れてはいけない悲しみです。けれど私が出会ったのは、悲しみだけではありませんでした。サーフィンボードを抱えて薄磯の砂浜に向かう青年が、眩しい日差しの中でこちらに向かって手を振っていた風景。旧薄磯PRルームの近くで一生懸命吹奏楽の練習をしていた災害公営住宅の男の子。津波の被害をまぬがれた年末の蒲鉾工場で、この時期蒲鉾屋は休まないんですよと笑顔で迎えてくれた従業員の人。

明るく元気ないわきが、薄磯の町にもある。だからやっぱり、この作品に薄磯の風景を入れよう。そして、私が愛したあのガレ花の風景が、今ではもう見ることのできないあの風景を、誰かの心に届けよう、と。

出演してくれた薄磯のお友だちワンちゃん、いつもお世話になっているTさん&Mさん、いわき言葉を教えてくれたSさん、本当に有難うございました!

★このブログはリンクフリーです。リンクして頂いた際はご一報頂けますと、シッポふりふり喜んじゃいます!
★お問い合わせやご連絡はこちらまで★
★ワンコとお出かけをする際は、事前に訪問先のワンコ受け入れ状況をご確認ください★
ニックネーム 鈴っぴ&スージー広野 at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島応援旅・東日本大震災復興応援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月23日

「黒パグナイトの神奈川 箱根湯めぐりの旅〜温泉の守護社とシチューパン〜犬のひょうたん風呂〜二ノ平ペットの温泉」



映画動画紹介
黒パグナイトが神奈川県箱根町の宮ノ下温泉の守護社・熊野神社と、渡邊ベーカリーの温泉シチューパン、箱根湯本・箱根の湯の犬専用ひょうたん露天風呂、二ノ平温泉・箱根の森足湯の犬湯(ペットの温泉)をわんわんレポート♪ 楽しい湯めぐりの旅をご案内しま〜す☆彡いい湯だワン!(ハイビジョン4分作品)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ロケ地:神奈川県足柄下郡箱根町
撮影日:2015年9月
参考URL
宮ノ下エリア|箱根ナビ
渡邊ベーカリー
箱根 日帰り温泉|湯遊び処・箱根の湯
二の平温泉供給有限会社 箱根の森足湯

駐車場 駐車場メモ
宮ノ下では宮ノ下駐車場を利用しました。箱根の湯さんと箱根の森足湯さんは施設付属の駐車場があるのでこちらを利用しました。

あせあせ(飛び散る汗)混雑度メモ
宮ノ下は朝9時ごろに行ったので町の中は空いてましたが、人気の渡邊ベーカリーさんは開店時間前から10人ほどの行列ができていました。開店前からの行列が一段落すると、その後はそれほどお客さんが集中しない感じだったので、ワンコ連れは開店から少し時間をおいて行くといいかもしれませんね。名物のシチューパンは限定販売という表示はなかったので、開店から少し時間が経っても多分大丈夫だと思います。湯本の箱根の森湯さんのペットのひょうたん風呂は予約制で、前日に電話したら翌日の一番遅い時間だけ空いてたのですべり込みセーフでした。時間を選びたい場合は早めに予約した方がいいですね。二ノ平の箱根の森足湯さんは今まで何回か行ってますが、今回は一番賑わってました。さすが連休。箱根の森足湯さんは落ち着ける環境なので、ワンコ連れが3組同時に来ても全然平気で、和やかな雰囲気の中でみんなでワイワイ楽しく温泉を楽しめました。

犬 犬の同伴条件メモ
箱根の湯さんは、建物の中に入って最初に支払いなどをするので、犬は当然中に入れないだろうと思っていたら、抱っこで入って下さいとの案内があり、黒パグナイトを連れたまま入館手続きができました。こういうの嬉しいですよね〜(^^)車の整理の方も愛想よく黒パグナイトと接して下さり、有難かったです。

レストラン 犬連れ飲食メモ
渡邊ベーカリーさんはお店の外にベンチが置いてあって、中で買ったパンをそこで食べることが出来ます。ワンコも一緒にいられるので有り難いですね。こちらを利用する場合は、ワンコ連れのマナーとして、犬連れであることを先にお店の人に伝えて許可を得るといいですね。

目 オススメ情報
箱根の湯さんでは、私たちは初めて犬連れ客専用の貸切離れなるものを利用したのですが、旅館にいるみたいでプチ贅沢タイムを楽しめました。こういう所を日帰りで利用できると、近場の犬連れお出かけがますます楽しくなりますね♪

exclamation注意
箱根の湯さんの犬のひょうたん風呂と箱根の森足湯さんのペットの温泉はいずれも屋外施設なので、リードを外してわんちゃんを入浴させる場合は、わんちゃんが脱走しないよう注意が必要です。湯船からジャンプして飛び出してしまうような元気なワンちゃんの場合は、リードをつけたまま温泉に入るとよいと思います。

ペン鈴っぴの制作後記
箱根観光といいますと、芦ノ湖の遊覧船や山を楽しむロープウェー&ケーブルカーなどが思い浮かびますが、一番の目玉はやっぱり温泉じゃないかと思います。ワンコと泊まれる温泉は箱根にいくつかありますが、湯めぐりをしようとして温泉に連泊するのはなかなか大変なので、ワンコ連れで気軽に湯めぐりできないかな〜と思いまして、今回の日帰り旅コースを考えてみました。ムービーのエンディングを飾るのはあの名曲!「いい湯だな」といえば思い浮かぶあの歌ですよ〜(^皿^) ワンコと行く箱根の湯めぐり、お楽しみください☆彡

★このブログはリンクフリーです。リンクして頂いた際はご一報頂けますと、シッポふりふり喜んじゃいます!★
★お問い合わせやご連絡はこちらまで★
★ワンコとお出かけをする際は、事前に訪問先のワンコ受け入れ状況をご確認ください★
ニックネーム 鈴っぴ&スージー広野 at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする