2013年05月04日

「黒パグナイトの福島 磐梯山ゴールドライン ワンコとめぐる磐梯山の山麓風景☆彡」


(PCの方は再生ボタン、携帯の方は作品タイトルをクリック)

作品紹介:
黒パグナイトが福島県の観光道路「磐梯山ゴールドライン」をワンワンレポート♪山林の中のばや池や幻の滝、猪苗代湖の遠望など変化に富んだ磐梯山の山麓をワンコとめぐる早春の旅です☆彡(フルハイビジョン4分作品)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ロケ地:福島県 磐梯山ゴールドライン
撮影日:2013年5月
参考URL
喜多方建設事務所 - 福島県ホームページ(PCサイト)

駐車場 駐車場メモ
ムービーで紹介している場所には全て、駐車場もしくは駐車スペースが設けられています。ムービーでは割愛しましたが、黄金平Pとまぼろしの滝Pの間にある八方台Pにはトイレがあります。このPからは磐梯山登山と雄国沼ハイキングができますが、いずれもワンコNGになってますのでご注意下さい。(磐梯山登山口にて「犬を連れて登山するのはやめましょう」という内容の掲示を見ました。雄国沼については「裏磐梯こよみ八景まっぷ(PDF)」に「ペットを連れての入山も禁止」とあります)

あせあせ(飛び散る汗)混雑度メモ
5月のGWの夕方に通りましたが、どのポイントも空いてました。

犬 犬の同伴条件メモ
前述の磐梯山登山口にあった「犬連れ登山はやめましょう」の掲示を除き、その他の場所では犬の連れ込みを制限する表示は特に見ませんでした。

目 オススメ情報
ムービーでも紹介していますが、「とび滝展望台」は磐梯山ビューポイントとしておすすめしたいスポットです。山頂に雲がかかっていない磐梯山というのはなかなかお目にかかれないものですが、この日は幸運なことに、山頂に雲がかかっていないくっきりとした磐梯山の姿を見ることができました(^^)v

exclamation注意
磐梯山ゴールドラインの辺りはGWでも雪が残っています。ばや池や幻の滝への道はお手軽トレッキングコースですが、雪が残っている時期は歩きやすく滑りにくい靴が必要です。また、幻の滝のところではツキノワグマ注意の掲示を見ました。裏磐梯はツキノワグマの生息域なので、クマ鈴をつけるなどして自分たちの存在をクマに知らせ、クマと遭遇しないようにご注意下さい。

ペン鈴っぴの制作後記
池あり、滝あり、火口あり…、山と湖の眺望にお手軽トレッキングまで楽しめる、磐梯山ゴールドラインはバラエティーに富んだドライブコースです。山や湖を眺めてすがすがしい気分を味わった後は、車道からちょっと足をのばした林の中で自然の神秘にふれるドキドキ体験を。いろいろな気持ちをワンコと一緒に体験して、きっと忘れられない旅になると思います。磐梯山、宝の山の旅でした☆彡

★コメントお待ちしています★
(「Comment」または「コメント」をクリック、または「この記事へのコメント」下部をご覧下さい)
★このブログはリンクフリーです。リンクして頂いた際はご一報頂けますと、シッポふりふり喜んじゃいます!
★お問い合わせやご連絡はこちらまで★
★ワンコとお出かけをする際は、事前に訪問先のワンコ受け入れ状況をご確認ください★

ニックネーム 鈴っぴ&スージー広野 at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「黒パグナイトの福島 磐梯吾妻レークライン ワンコと楽しむ裏磐梯三湖の眺望☆彡」


(PCの方は再生ボタン、携帯の方は作品タイトルをクリック)

作品紹介:
黒パグナイトが福島県の観光道路「磐梯吾妻レークライン 」をワンワンレポート♪福島有数の観光名所である裏磐梯の三湖、秋元湖・小野川湖・桧原湖の眺望をワンコと楽しむ早春の旅です☆彡(フルハイビジョン4分作品)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ロケ地:福島県 磐梯吾妻レークライン
撮影日:2013年5月
参考URL
喜多方建設事務所 - 福島県ホームページ(PCサイト)

駐車場 駐車場メモ
ムービーで紹介している場所には全て、駐車場もしくは駐車スペースが設けられています。レークラインは、車を走らせていて眺めがよくなってきたなぁと思うと「P」の表示が出てきて、車を止めると目の前はビュースポットという、何とも至れり尽くせりの嬉しいドライブコースです(^^)

あせあせ(飛び散る汗)混雑度メモ
5月のGWの午後に通りましたが、どのポイントも空いてました。

犬 犬の同伴条件メモ
現地では犬の連れ込みを制限する表示は特に見ませんでした。

目 オススメ情報
レークラインというとワンコも行ける中津川渓谷が有名ですが、レークライン最高地点から三湖パラダイスに向かう遊歩道もなかなか素敵です。中津川渓谷の遊歩道は所により足場の悪いところがありますが、最高地点〜三湖パラダイス間の遊歩道は車道の脇に設けられた完全に平らな道なので安心、幅も十分なので犬連れでのすれ違いも楽チンです(^^)v

exclamation注意
後から知ったのですが、中津川渓谷をはじめとする裏磐梯はツキノワグマの生息域で、山とつながっている川沿いのやぶはクマの隠れ場所になるので、このような場所ではクマ鈴をつけるなどして自分たちの存在をクマに知らせ、クマと遭遇しないように注意することが必要だそうです。わが家も次回から気をつけようと思いました。

ペン鈴っぴの制作後記
裏磐梯の秋元湖・小野川湖・桧原湖は、1888年に起こった磐梯山の噴火によって誕生した湖で、裏磐梯山麓の豊かな森の中に思いがけず大きな湖がある…そんな感があります。裏磐梯三湖は浜辺のある開けた湖畔が少なく、湖のすぐ近くまで行ってしまうと、気軽に車を止めて湖の眺めを楽しめるポイントがほとんどないのですが、その点このレークラインは、裏磐梯三湖をいろいろな地点から遠望できるのが魅力です。ひとつの地点から同時に二つの湖を見たり、磐梯山などの山並みと一緒に湖を眺めたりしているうちに、裏磐梯という大きな世界が頭の中で立体的になっていき、その大きな自然の中に自分と愛犬の存在が包まれていることを感じて、何ともいえない満たされた気持ちになりました。そんな気持ちにさせてくれた裏磐梯の風景に、ありがとうと言いたいです♪

★コメントお待ちしています★
(「Comment」または「コメント」をクリック、または「この記事へのコメント」下部をご覧下さい)
★このブログはリンクフリーです。リンクして頂いた際はご一報頂けますと、シッポふりふり喜んじゃいます!
★お問い合わせやご連絡はこちらまで★
★ワンコとお出かけをする際は、事前に訪問先のワンコ受け入れ状況をご確認ください★
ニックネーム 鈴っぴ&スージー広野 at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「黒パグナイトの福島 磐梯吾妻スカイライン ワンコと眺める吾妻連峰の絶景☆彡」


「黒パグナイトの福島 磐梯吾妻スカイライン ワンコと眺める吾妻連峰の絶景☆彡」
(PCの方は再生ボタン、携帯の方は作品タイトルをクリック)

作品紹介:
黒パグナイトが福島県の観光道路「磐梯吾妻スカイライン」をワンワンレポート♪吾妻連峰の山並みと磐梯山、猪苗湖と裏磐梯三湖の絶景をワンコと眺める早春の旅です☆彡(フルハイビジョン4分作品)


「黒パグナイトの福島 吾妻小富士 浄土平へももりんに会いに行こう☆彡」
(PCの方は再生ボタン、携帯の方は作品タイトルをクリック)

黒パグナイトが福島県の名山・吾妻小富士の浄土平をワンワンレポート♪福島市内の道路から見た雪うさぎの「ももりん」に会うため、吾妻小富士の頂上を目指します☆彡(フルハイビジョン3分作品)

*吾妻小富士の浄土平は、磐梯吾妻スカイラインの途中にある休憩&観光スポットです。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ロケ地:福島県 磐梯吾妻スカイライン
撮影日:2013年5月
参考URL
県北建設事務所トップ - 福島県ホームページ(PCサイト)
福島市観光キャラクター“ももりん”プロフィール - 福島市ホームページ(PCサイト)

駐車場 駐車場メモ
ムービーで紹介している場所には全て、駐車場もしくは駐車スペースがあります。安心して車を止められる場所がこれだけ整備されているのはすごいと思いました。犬連れに限らず、福島をドライブするならこの道は絶対オススメです。

あせあせ(飛び散る汗)混雑度メモ
つばくろ谷は多少の混雑、昼頃着いた浄土平はあともう少し遅ければ駐車場の空き待ちになるといった賑わい振りでしたが、その他の所はそれほど混んではいませんでした。

犬 犬の同伴条件メモ
つばくろ谷の無人休憩施設で、建物内はワンコNGの表示を見ました。浄土平の天文台でも同様の表示を見ました。この場所に限ったことではありませんが、ワンコOKの表示がない限り、犬連れで建物の中へは入らないようにしています。屋外では犬の連れ込みを制限する表示は特に見ませんでした。

レストラン 犬連れ飲食メモ
浄土平に、テイクアウトできるお店と屋外席がありました。

目 オススメ情報
浄土平のビジターセンターで、吾妻小富士の頂上に続く遊歩道を犬連れで歩いてよいかお尋ねしたところ「大丈夫ですよ」とのことでした☆彡また、犬を連れて入ってはいけない場所についてお聞きすると、犬だけでなく人も立ち入ってはいけないエリア(植物を保護している所)をロープで仕切っているので、そこだけ気をつけてもらえれば大丈夫ですとのことでした。ビジターセンターのスタッフ様、その節は親切に対応して下さって有難うございましたm(__)m 吾妻子富士の山頂では、火口がパックリ口を空けている雄大な景色をワンコと一緒に見ることができます。ワンコと見られる火口って、そうはないと思います。犬連れで浄土平に行くことがあったら是非行ってみてくださいね(^o^)丿

exclamation注意
不動沢橋無料休憩所で、登山者向けにトイレに関する注意書きを見ました。山の中のトイレがない場所でやむを得ず大小をしてしまった場合、使用したティッシュを含めて大も小も持ち帰りましょうという内容でした。そして、これらがそのままにされると山の環境に影響が及ぶので、トイレはきちんとトイレ設備のある所ですること、トイレのない場所に行く場合は携帯用トイレを持参するように、という呼びかけがありました。人だけでなく、犬にも全く同じことが言えます。ウ○チ袋だけでなく、ペットシーツも持ち歩き、大きい方はできる限り空中キャッチ、小さい方はペットシーツの上でさせ、環境を汚さないように心がけたいものです。

ペン鈴っぴの制作後記
5月のGW二日目の朝、磐梯吾妻スカイラインが開く時間に合わせてゲートに行ったのですが、路面の凍結があるためスタッドレスタイヤの車でないと入れないという表示を見てエ〜〜ッ!?!?となったのですが、ゲートの所にいたスタッフの方から、今日の天気なら少し時間が経てば雪が溶けるだろうからまた来てみてくださいと言われ、近くの吾妻高原スカイランドで時間をつぶして再チャレンジしたところ、入れました!ホッとひと息。。。この時期にスカイラインを目指すなら、スタッドレスタイヤが安心です。(わが家は前の月の4月にノーマルに戻してしまっていたのでした(>ω<) )

山あいのドライブコースは、箱根とか日光とかいろいろ行ったことがありましたが、磐梯吾妻スカイラインはそのどれとも違った印象を受けました。福島に行くとよく感じるのですが、空間の広がり方が関東とは全然違うのです。山も道も空もドド〜ンと広がっていて、迫力満点、開放感抜群です。そんな風に身も心もノビノビできる場所は犬連れ観光にも向いてまして、この日はスカイラインのあちらこちらでワンちゃんの姿を見かけました。小さなワンちゃんもいれば、大きなワンちゃんもいました。皆、楽しそうでした(´∀`)

★コメントお待ちしています★
(「Comment」または「コメント」をクリック、または「この記事へのコメント」下部をご覧下さい)
★このブログはリンクフリーです。リンクして頂いた際はご一報頂けますと、シッポふりふり喜んじゃいます!
★お問い合わせやご連絡はこちらまで★
★ワンコとお出かけをする際は、事前に訪問先のワンコ受け入れ状況をご確認ください★
ニックネーム 鈴っぴ&スージー広野 at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする