2014年02月01日

「黒パグナイトの福島 いわき市 中之作 吊るし雛飾り祭り 街角の飾りを見たよ☆彡」

(PCの方は再生ボタン、携帯の方は作品タイトルをクリック)

黒パグナイトが福島県いわき市中之作の吊るし雛飾り祭り2014をわんわんレポート♪ メイン会場の築200年古民家「清航館」には綺麗な吊るし雛がいっぱい!中之作の町の中にも飾られていました。うにの貝焼きといか天を買ったよ☆彡(フルハイビジョン5分作品)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ロケ地:福島県いわき市 中之作 清航館ほか
撮影日:2014年2月
参考URL
中之作プロジェクト(PCサイト)

駐車場 駐車場メモ
いわきのツイ友さんに駐車場のことを聞いたら「大丈夫、大丈夫!行けば分かるよ!」とのことで、行ってみたら港の辺りに車が沢山とまっていたのですが、勝手にとめちゃって大丈夫なのかしらと思い、貝焼きを販売していたウロコジュウのお兄さんにお聞きしたら、あの辺(港のあたり)みんな大丈夫ですよとのことで、無事車をとめることが出来ました。何とものどかないわきのお祭りです(^^)

あせあせ(飛び散る汗)混雑度メモ
メイン会場の清航館とその付近は沢山の人でしたが、それでも犬連れで歩くのがはばかるほどの混雑ではなく、清航館以外の吊るし雛が飾られていた場所は人影がまばらでした。ワンコとのんびり港町歩きができます。

犬 犬の同伴条件メモ
現地では犬の連れ込みを制限する表示は特に見ませんでした。清航館の建物の中には犬連れで入らないようにし、周りの方にご迷惑をおかけしないよう気をつけて歩きました。

レストラン 犬連れ飲食メモ
ムービーでも紹介していますが、ウロコジュウさんの出店でうにの貝焼きを買って食べました。出店の方が黒パグナイトを見て優しく声をかけてくださったので売れしかったです♪

目 オススメ情報
吊るし雛の数の豪華さでは清航館が一番ですが、ワンコと一緒にのんびり吊るし雛を眺めたりじっくり写真を撮ったりするなら、清航館の中之作の町中の吊るし雛飾りがおすすめです。商店の店先や個人の方のお宅の軒先に飾られていますので、雛飾り鑑賞の際は失礼のないようお気をつけ下さい。

exclamation注意
目の前の空中でゆらゆら揺れる吊るし雛は、ボールみたいで興奮してしまうワンちゃんがいるかもしれませんね。うちの黒パグナイトはオモチャにはあまり興味を示さないコなので、吊るし雛のすぐ近くまで行かせていただきましたが、パクッ!っとしちゃうかもしれないワンちゃんの場合は、吊るし雛から十分距離をとるようにすると良いと思います。

ペン鈴っぴの制作後記
吊るし雛は何度か見たことがありますが、これだけの数の吊るし雛をじっくり見たのは今回が初めてでした。いろんなデザインの吊るし雛があって、バリエーションの多さに思わず感嘆の声がこぼれます。ワンコも一緒に見られる街中アートなので嬉しいですよね。吊るし雛の様々な形をネットで調べてみると、ひとつひとつに縁起物としての由来が込められているようです。たとえば、ムービーで紹介しているセミは復活と再生の象徴、金魚は人生を悠々と渡っていけるように、など。猿っこ(さるぼぼ)には、災いが去るという願いが込められているそうです。清航館のある中之作の町も、いか天を出店で販売していたマルカミ蒲鉾さんのある永崎も、東日本大震災の津波で被害を受けました。そうした背景を思いながら吊るし雛を眺めると、味わいがより深まるように思います。

★コメントお待ちしています★
(「Comment」または「コメント」をクリック、または「この記事へのコメント」下部をご覧下さい)
★このブログはリンクフリーです。リンクして頂いた際はご一報頂けますと、シッポふりふり喜んじゃいます!
★お問い合わせやご連絡はこちらまで★
★ワンコとお出かけをする際は、事前に訪問先のワンコ受け入れ状況をご確認ください★

ニックネーム 鈴っぴ&スージー広野 at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月03日

「黒パグナイトの福島 天栄村 羽鳥湖高原レジーナの森 シメはワンコの温泉!?」


(PCの方は再生ボタン、携帯の方は作品タイトルをクリック)

黒パグナイトが福島県天栄村の羽鳥湖高原レジーナの森をワンワンレポート♪ドッグランや湖畔の自然で遊んだ後は看板犬のジーナちゃんに会いに行こう☆彡ジーナちゃんオススメの「羽鳥湖温泉ワンちゃんスパ」もお忘れなく!(フルハイビジョン5分作品)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ロケ地:福島県天栄村 羽鳥湖高原レジーナの森
撮影日:2013年11月
参考URL
羽鳥湖高原レジーナの森(PCサイト)

駐車場 駐車場メモ
施設付属の駐車場を利用しました。

あせあせ(飛び散る汗)混雑度メモ
レジーナの森には沢山の人が来ていましたが、混んでいるというほどではなく、ほどよい感じでした。パッと見た感じ、犬連れよりも犬連れでない人の方が多かったように思います。愛犬の無料撮影会をしていたカメラマンの方の話によると、一番混むのはGWで、その時は一日に何百頭というぐらいワンちゃんが来るそうです。私たちが訪れた日のワンちゃんの数は数十頭という印象でした。

犬 犬の同伴条件メモ
レジーナの森の愛犬同伴利用規約に「屋内施設にはワンちゃんをお連れいただけません」とあり(2014年5月現在)、「(レストランではテラス席のみ朝食・昼食・喫茶時にご利用いただけます。)」とありますが、施設内のレストラン・レイクサイドダイニングラピーナには犬を同伴できる部屋が屋内に設けられていて、屋内で愛犬と一緒に食事をすることができました。空調の効く屋内に犬連れでは入れるのはとっても有難いです。また、愛犬同伴利用規約に「屋外でもワンちゃんをお連れいただけないエリアがございます」とあり(2014年5月現在)、これはどうやら、施設内の湖レイクレジーナの湖畔のフィッシングエリアのことを言っているようです。湖畔をお散歩していた時、ここから先はワンコNGという表示を見かけましたが、湖畔の全てではなく、表示もわかりやすいので、確認しながら散策をしていれば大丈夫です。

レストラン 犬連れ飲食メモ
ムービーでも紹介していますが、施設内のレストラン・レイクサイドダイニングラピーナでランチをいただきました。この日はランチバイキングが実施されていて、実を言うとこれが目当てでレジーナの森行きを決めたのです。ただのランチバイキングではないんですよ。福島県産の食材を豊富に使ったバイキングなんです。しかも、いつも実施しているわけではないというので、レジーナの森のFacebookページで実施情報をチェックしてから行きました。美味しかった☆彡

目 オススメ情報
ムービーでも紹介していますが、レジーナの森には湿地園がありまして、ワンコも入ることが出来ます。だから何?と思われる方もいるかもしれませんが、これはものすごく珍しいことです。観光地の湿地は、ペットの同伴が禁止されていたり、禁止されていなくても、ペットを同伴しないことがマナーとされていて、犬連れではまず入れません。湿地の貴重な自然環境を守るためなので仕方ないことなのですが、その湿地がレジーナの森では犬連れに対して開放されているのです。愛犬家のひとりとして、本当に有難いと思います。私たちが訪れたのは秋の終わりで、湿地園の植物はだいぶ色褪せていましたが、可愛いお魚さんに出会うことが出来ました。レジーナの森公式サイトによると、湿地園ではニッコウキスゲ、サワギキョウ、ショウジョウバカマが見られるそうです。

exclamation注意
ドッグコミュニティハウスには、レジーナの森の看板犬、グレート・ピレニーズのジーナちゃんのお部屋があります。大人しくて優しい女の子ですが、ふれあう前にひとこと声をかけて許可を得るのがマナーです。どんなに大人しいワンコで、知らない人にいきなり触られたり、知らない犬が急に近づいてきたりすれば、ビックリしてしまいます。私たちが訪れた時は、スタッフさんが、よろしければふれあうことができますよと声をかけてくださり、スタッフさんが見守る中で、黒パグナイトはジーナちゃんと記念撮影をさせてもらいました。ジーナちゃんは鼻ペチャ犬に昔イジワルされたことがあって、鼻ペチャ犬は苦手なそうなのですが、ナイトがそばに行ってものんびり静かにしていました。心優しいジーナちゃん、どうも有難う☆彡

ペン鈴っぴの制作後記
レジーナの森は口コミで評判がいいと聞いてまして、前々から気になっていたワンコスポットでした。行ってみて感じたのは、遊びの幅が広くておもしろい!ということでした。アクティブに楽しむなら様々なスタイルのドッグランへ、自然を満喫するなら湖畔や湿地園などで散策、休日をのんびり贅沢に過ごすなら愛犬同伴可のコテージやキャンプ場へ。日帰りでも泊まりでも楽しめます。極めつけは温泉!施設内にある「彩光の湯」は肌がつるつるになる泉質の温泉で、こちらと同じ感じのお湯が「羽鳥湖温泉ワンちゃんスパ」でも使われているようです。黒パグナイトはまる一日遊んだ後、わんちゃんスパでつるつるピカピカになりました。今度は泊まりでゆっくり行ってみたいですね(^^)

★コメントお待ちしています★
(「Comment」または「コメント」をクリック、または「この記事へのコメント」下部をご覧下さい)
★このブログはリンクフリーです。リンクして頂いた際はご一報頂けますと、シッポふりふり喜んじゃいます!
★お問い合わせやご連絡はこちらまで★
★ワンコとお出かけをする際は、事前に訪問先のワンコ受け入れ状況をご確認ください★
ニックネーム 鈴っぴ&スージー広野 at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「黒パグナイトの福島 天栄村 秋の羽鳥湖湖畔 ダムと展望台で紅葉を満喫☆彡」


(PCの方は再生ボタン、携帯の方は作品タイトルをクリック)

黒パグナイトが福島県天栄村の羽鳥湖湖畔の秋をワンワンレポート♪やすらぎ橋、展望広場、羽鳥ダム、羽鳥湖展望台を訪ねて紅葉を満喫しました!ダムから眺める湖畔の紅葉は絶景だワン☆彡(フルハイビジョン3分作品)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ロケ地:福島県天栄村 羽鳥湖湖畔 やすらぎ橋ほか
撮影日:2013年11月
参考URL
観光情報 - 天栄村ホームページ(PCサイト)

駐車場 駐車場メモ
やすらぎ橋と羽鳥湖展望台は近くに駐車場があったのですが、羽鳥ダムには駐車場がなかったので、来た道を戻って道路沿いに安全に車が止められる場所を探し、そこに車を止めてダムまで歩きました。

あせあせ(飛び散る汗)混雑度メモ
紅葉が見ごろを迎えた時期の午前中に行きましたが、混雑はほとんどありませんでした。ワンコと紅葉を楽しめる場所としてはかなり穴場感があり、オススメです。

犬 犬の同伴条件メモ
現地では犬の連れ込みを制限する表示は特に見ませんでした。やすらぎ橋を通る遊歩道は道幅が広く足元もよかったので、犬連れでものびのび歩けました。

レストラン 犬連れ飲食メモ
ムービーで紹介しているスポットには売店などの飲食施設はありませんでしたが、やすらぎ橋の南の県道37号線沿いに「道の駅羽鳥湖高原」があります。

目 オススメ情報
羽鳥湖を一望できるスポットとして羽鳥ダムと羽鳥湖展望台がありますが、羽鳥湖展望台は湖から少し距離があるので、雄大な湖面の広がりを楽しむなら羽鳥ダムの方がオススメです。ワンコと一緒に絶景を楽しもう♪

exclamation注意
羽鳥湖高原の標高は約700メートル、11月の上旬ともなれば肌寒いぐらいかと想像していたのですが、思ったより気温が高かったです。日差しの強いところでは黒パグナイトは少しハァハァしてました。パグなど暑さに弱い種類のワンコは念のため暑さ対策をしておくと安心ですね。

ペン鈴っぴの制作後記
この日のお出かけのお目当ては羽鳥湖高原レジーナの森で、時間に余裕があったのでレジーナの森へ行く前に羽鳥湖近辺を散策してみることにしました。レジーナの森ブログ「森の支配人日記」で紹介されていたやすらぎ橋の紅葉が綺麗だったので行ってみたのですが、その通りの綺麗さでした。羽鳥湖湖畔の紅葉は、鮮やかな赤い色はそれほど多くないものの、赤のほかに橙色、黄色、緑の色の取り合わせがとてもカラフルで、それらが織り成す天然のグラデーションは、ため息ものの美しさです。こんな綺麗な景色を愛犬と一緒に楽しめるなんて贅沢♪ しかも、ところによっては貸し切り状態なのです。関東では紅葉の名所は混雑が激しいことが多いのですが、福島まで足をのばすと混雑が少なくて本当に助かります。

★コメントお待ちしています★
(「Comment」または「コメント」をクリック、または「この記事へのコメント」下部をご覧下さい)
★このブログはリンクフリーです。リンクして頂いた際はご一報頂けますと、シッポふりふり喜んじゃいます!
★お問い合わせやご連絡はこちらまで★
★ワンコとお出かけをする際は、事前に訪問先のワンコ受け入れ状況をご確認ください★
ニックネーム 鈴っぴ&スージー広野 at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする