2014年10月05日

「黒パグナイトの福島 いわき市 いわき凧揚げ大会2014 凧揚げ犬に挑戦☆彡」


(PCの方は再生ボタン、携帯の方は作品タイトルをクリック)

黒パグナイトが福島県いわき市四倉海岸の第19回いわき凧揚げ大会をわんわんレポート♪ 鯉の開きやカラス連凧、がんばれ東日本大凧を見学した後は凧揚げに挑戦!果たしてワンコに凧揚げはできるのか???
(フルハイビジョン5分作品)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ロケ地:福島県いわき市 四倉海岸
撮影日:2014年10月
参考URL
日本の凧の会

駐車場 駐車場メモ
会場近くの道の駅よつくら港の海側の駐車場を利用させて頂きました。道の駅よつくら港にはここ以外にも駐車場があります。沢山の来場者が来られていましたが駐車場が満車になるということはなく、ゆとりがありました。

あせあせ(飛び散る汗)混雑度メモ
日本全国から凧の愛好者が集まるイベントで、各地の愛好者団体の方々をはじめ、家族連れの一般客の人たちも大勢いらっしゃってましたが、四倉海岸はとても広い海岸なので空間にゆとりがあり、犬連れでものびのび歩けました。

犬 犬の同伴条件メモ
ペット同伴の可否については、インターネットに掲載された開催情報の中に特に記載はありませんでした。以前四倉に来た時に、四倉海岸や海岸近くの道でワンちゃんをお散歩させている人の姿を見かけていたので、大丈夫かなと犬連れで行ってみました。犬連れで問題があるようだったり、混雑が激しい場合は遠くから眺めさせてもらうだけでも…と思っていたのですが、特に何ごともなく、凧揚げに挑戦した黒パグナイトは、大会の審査委員長様から楽しいコメントを頂戴しました。あたたかく受け入れてくださった会場の皆さんに感謝しています。

レストラン 犬連れ飲食メモ
ムービーのエンディングでちょこっと登場しますが、カニ汁の振る舞いがありまして、美味しかったです(^^)会場近くの道の駅よつくら港には屋外席があり、2Fの屋外席はペットNGの表示があるのですが、1階の屋外席は以前行った時に聞いてみたらペット連れでも利用できるとのことだったので、四倉に行く時はよく利用させてもらってます。

目 オススメ情報
ムービーでは割愛しましたが会場内に物産コーナーがありまして、いわき産の梨といちじくが販売されていました。いちじくは四倉のとまとランドさんのもので、とまとランドさんのいちじくはトマトと並ぶ名物、いわき梨と合わせて買いました。黒パグナイトはお家に帰ってから梨といちじくを食べました▼^ω^▼v

exclamation注意
凧作り教室が開催されることもあって、お子さんたちが来てました。子どもが苦手というワンちゃんはちょっと注意が必要ですね。あと、凧の愛好者の方々は年配の男性の方が多いのですが、皆さん元気な方ばかりで杖をついている人は見かけなかった気がします。杖をついている人が苦手というワンちゃんがいますが、この点は大丈夫でしょうか。男の人が苦手というワンちゃんは注意してあげてくださいね。

ペン鈴っぴの制作後記
凧揚げといいますと、私が最後に凧を揚げたのはさていつのことだったか…あれから○十年の月日が経ったように思います。この年になって凧揚げというのも恥ずかしく、大会の開催告知で凧作り教室があるのを知ってはいましたが、当初はパスするつもりでした。ところが現地で、自分ではなく愛犬に凧を揚げさせれば恥ずかしくないなと思いつき、黒パグナイトをダシに凧作りから凧揚げまでを楽しんじゃいました(笑)凧作り教室の凧は良く出来ていて、簡単に作れるのにすごくよく揚がってビックリでした。凧糸の操り方を失敗して糸で凧の本体に裂け目が入ってしまったのですが、セロテープで貼り合わせたら再び大空へぐんぐん揚がりました。百円で作れるのにたくましい凧!凧揚げ犬に挑戦したナイトですが、犬なので糸を操るのはできないのでほどよい長さに固定してみました。この日はあとちょっとで台風が来るというタイミングで強い風が吹いていたので、糸を引いて走り続けていなくても凧が落ちてこなかったのでラッキーでした。愛犬家の皆さん、是非挑戦してみてくださいね☆彡

★コメントお待ちしています★
(「Comment」または「コメント」をクリック、または「この記事へのコメント」下部をご覧下さい)
★このブログはリンクフリーです。リンクして頂いた際はご一報頂けますと、シッポふりふり喜んじゃいます!
★お問い合わせやご連絡はこちらまで★
★ワンコとお出かけをする際は、事前に訪問先のワンコ受け入れ状況をご確認ください★

ニックネーム 鈴っぴ&スージー広野 at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月01日

「黒パグナイトの福島 いわき市 中之作 吊るし雛飾り祭り 街角の飾りを見たよ☆彡」

(PCの方は再生ボタン、携帯の方は作品タイトルをクリック)

黒パグナイトが福島県いわき市中之作の吊るし雛飾り祭り2014をわんわんレポート♪ メイン会場の築200年古民家「清航館」には綺麗な吊るし雛がいっぱい!中之作の町の中にも飾られていました。うにの貝焼きといか天を買ったよ☆彡(フルハイビジョン5分作品)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ロケ地:福島県いわき市 中之作 清航館ほか
撮影日:2014年2月
参考URL
中之作プロジェクト(PCサイト)

駐車場 駐車場メモ
いわきのツイ友さんに駐車場のことを聞いたら「大丈夫、大丈夫!行けば分かるよ!」とのことで、行ってみたら港の辺りに車が沢山とまっていたのですが、勝手にとめちゃって大丈夫なのかしらと思い、貝焼きを販売していたウロコジュウのお兄さんにお聞きしたら、あの辺(港のあたり)みんな大丈夫ですよとのことで、無事車をとめることが出来ました。何とものどかないわきのお祭りです(^^)

あせあせ(飛び散る汗)混雑度メモ
メイン会場の清航館とその付近は沢山の人でしたが、それでも犬連れで歩くのがはばかるほどの混雑ではなく、清航館以外の吊るし雛が飾られていた場所は人影がまばらでした。ワンコとのんびり港町歩きができます。

犬 犬の同伴条件メモ
現地では犬の連れ込みを制限する表示は特に見ませんでした。清航館の建物の中には犬連れで入らないようにし、周りの方にご迷惑をおかけしないよう気をつけて歩きました。

レストラン 犬連れ飲食メモ
ムービーでも紹介していますが、ウロコジュウさんの出店でうにの貝焼きを買って食べました。出店の方が黒パグナイトを見て優しく声をかけてくださったので売れしかったです♪

目 オススメ情報
吊るし雛の数の豪華さでは清航館が一番ですが、ワンコと一緒にのんびり吊るし雛を眺めたりじっくり写真を撮ったりするなら、清航館の中之作の町中の吊るし雛飾りがおすすめです。商店の店先や個人の方のお宅の軒先に飾られていますので、雛飾り鑑賞の際は失礼のないようお気をつけ下さい。

exclamation注意
目の前の空中でゆらゆら揺れる吊るし雛は、ボールみたいで興奮してしまうワンちゃんがいるかもしれませんね。うちの黒パグナイトはオモチャにはあまり興味を示さないコなので、吊るし雛のすぐ近くまで行かせていただきましたが、パクッ!っとしちゃうかもしれないワンちゃんの場合は、吊るし雛から十分距離をとるようにすると良いと思います。

ペン鈴っぴの制作後記
吊るし雛は何度か見たことがありますが、これだけの数の吊るし雛をじっくり見たのは今回が初めてでした。いろんなデザインの吊るし雛があって、バリエーションの多さに思わず感嘆の声がこぼれます。ワンコも一緒に見られる街中アートなので嬉しいですよね。吊るし雛の様々な形をネットで調べてみると、ひとつひとつに縁起物としての由来が込められているようです。たとえば、ムービーで紹介しているセミは復活と再生の象徴、金魚は人生を悠々と渡っていけるように、など。猿っこ(さるぼぼ)には、災いが去るという願いが込められているそうです。清航館のある中之作の町も、いか天を出店で販売していたマルカミ蒲鉾さんのある永崎も、東日本大震災の津波で被害を受けました。そうした背景を思いながら吊るし雛を眺めると、味わいがより深まるように思います。

★コメントお待ちしています★
(「Comment」または「コメント」をクリック、または「この記事へのコメント」下部をご覧下さい)
★このブログはリンクフリーです。リンクして頂いた際はご一報頂けますと、シッポふりふり喜んじゃいます!
★お問い合わせやご連絡はこちらまで★
★ワンコとお出かけをする際は、事前に訪問先のワンコ受け入れ状況をご確認ください★
ニックネーム 鈴っぴ&スージー広野 at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月03日

「黒パグナイトの福島 天栄村 羽鳥湖高原レジーナの森 シメはワンコの温泉!?」


(PCの方は再生ボタン、携帯の方は作品タイトルをクリック)

黒パグナイトが福島県天栄村の羽鳥湖高原レジーナの森をワンワンレポート♪ドッグランや湖畔の自然で遊んだ後は看板犬のジーナちゃんに会いに行こう☆彡ジーナちゃんオススメの「羽鳥湖温泉ワンちゃんスパ」もお忘れなく!(フルハイビジョン5分作品)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ロケ地:福島県天栄村 羽鳥湖高原レジーナの森
撮影日:2013年11月
参考URL
羽鳥湖高原レジーナの森(PCサイト)

駐車場 駐車場メモ
施設付属の駐車場を利用しました。

あせあせ(飛び散る汗)混雑度メモ
レジーナの森には沢山の人が来ていましたが、混んでいるというほどではなく、ほどよい感じでした。パッと見た感じ、犬連れよりも犬連れでない人の方が多かったように思います。愛犬の無料撮影会をしていたカメラマンの方の話によると、一番混むのはGWで、その時は一日に何百頭というぐらいワンちゃんが来るそうです。私たちが訪れた日のワンちゃんの数は数十頭という印象でした。

犬 犬の同伴条件メモ
レジーナの森の愛犬同伴利用規約に「屋内施設にはワンちゃんをお連れいただけません」とあり(2014年5月現在)、「(レストランではテラス席のみ朝食・昼食・喫茶時にご利用いただけます。)」とありますが、施設内のレストラン・レイクサイドダイニングラピーナには犬を同伴できる部屋が屋内に設けられていて、屋内で愛犬と一緒に食事をすることができました。空調の効く屋内に犬連れでは入れるのはとっても有難いです。また、愛犬同伴利用規約に「屋外でもワンちゃんをお連れいただけないエリアがございます」とあり(2014年5月現在)、これはどうやら、施設内の湖レイクレジーナの湖畔のフィッシングエリアのことを言っているようです。湖畔をお散歩していた時、ここから先はワンコNGという表示を見かけましたが、湖畔の全てではなく、表示もわかりやすいので、確認しながら散策をしていれば大丈夫です。

レストラン 犬連れ飲食メモ
ムービーでも紹介していますが、施設内のレストラン・レイクサイドダイニングラピーナでランチをいただきました。この日はランチバイキングが実施されていて、実を言うとこれが目当てでレジーナの森行きを決めたのです。ただのランチバイキングではないんですよ。福島県産の食材を豊富に使ったバイキングなんです。しかも、いつも実施しているわけではないというので、レジーナの森のFacebookページで実施情報をチェックしてから行きました。美味しかった☆彡

目 オススメ情報
ムービーでも紹介していますが、レジーナの森には湿地園がありまして、ワンコも入ることが出来ます。だから何?と思われる方もいるかもしれませんが、これはものすごく珍しいことです。観光地の湿地は、ペットの同伴が禁止されていたり、禁止されていなくても、ペットを同伴しないことがマナーとされていて、犬連れではまず入れません。湿地の貴重な自然環境を守るためなので仕方ないことなのですが、その湿地がレジーナの森では犬連れに対して開放されているのです。愛犬家のひとりとして、本当に有難いと思います。私たちが訪れたのは秋の終わりで、湿地園の植物はだいぶ色褪せていましたが、可愛いお魚さんに出会うことが出来ました。レジーナの森公式サイトによると、湿地園ではニッコウキスゲ、サワギキョウ、ショウジョウバカマが見られるそうです。

exclamation注意
ドッグコミュニティハウスには、レジーナの森の看板犬、グレート・ピレニーズのジーナちゃんのお部屋があります。大人しくて優しい女の子ですが、ふれあう前にひとこと声をかけて許可を得るのがマナーです。どんなに大人しいワンコで、知らない人にいきなり触られたり、知らない犬が急に近づいてきたりすれば、ビックリしてしまいます。私たちが訪れた時は、スタッフさんが、よろしければふれあうことができますよと声をかけてくださり、スタッフさんが見守る中で、黒パグナイトはジーナちゃんと記念撮影をさせてもらいました。ジーナちゃんは鼻ペチャ犬に昔イジワルされたことがあって、鼻ペチャ犬は苦手なそうなのですが、ナイトがそばに行ってものんびり静かにしていました。心優しいジーナちゃん、どうも有難う☆彡

ペン鈴っぴの制作後記
レジーナの森は口コミで評判がいいと聞いてまして、前々から気になっていたワンコスポットでした。行ってみて感じたのは、遊びの幅が広くておもしろい!ということでした。アクティブに楽しむなら様々なスタイルのドッグランへ、自然を満喫するなら湖畔や湿地園などで散策、休日をのんびり贅沢に過ごすなら愛犬同伴可のコテージやキャンプ場へ。日帰りでも泊まりでも楽しめます。極めつけは温泉!施設内にある「彩光の湯」は肌がつるつるになる泉質の温泉で、こちらと同じ感じのお湯が「羽鳥湖温泉ワンちゃんスパ」でも使われているようです。黒パグナイトはまる一日遊んだ後、わんちゃんスパでつるつるピカピカになりました。今度は泊まりでゆっくり行ってみたいですね(^^)

★コメントお待ちしています★
(「Comment」または「コメント」をクリック、または「この記事へのコメント」下部をご覧下さい)
★このブログはリンクフリーです。リンクして頂いた際はご一報頂けますと、シッポふりふり喜んじゃいます!
★お問い合わせやご連絡はこちらまで★
★ワンコとお出かけをする際は、事前に訪問先のワンコ受け入れ状況をご確認ください★
ニックネーム 鈴っぴ&スージー広野 at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする