2011年04月26日

【黒パグナイトのおしゃれドッグ「Yukie先生のわんこタロット」ミニレポート】


(PCの方は再生ボタン、携帯の方は作品タイトルをクリック)

2011年4月24日開催の「第3回おしゃれドッグ」で行われた「Yukie先生のわんこタロット」のミニレポートです♪

<イベント主催>
わんチャンネルTV(PCサイト)

<イベントが行われた室内ドッグラン>
株式会社 田無ファミリーランド(PCサイト)
★東京都西東京市の室内ドッグラン・わんわんTown(株式会社田無ファミリーランド)さんは、残念ながら2011年5月31日で閉館となりました。ドリンクバーのある休憩スペースを併設し、親切なスタッフの方が常駐していたとても素敵なドッグランでした。いつか復活してほしいです★

<イベント出店者>
わんこタロット|デカプーそらのHappyLife

★☆★     ★☆★     ★☆★     ★☆★     ★☆★     ★☆★

私はファンタジックなものが好きで、雑誌に載っている星占いの今日の運勢ですとか、日本の歴史絵巻の中に出てくる風水に基づいた街づくりの話なんかが結構好きなのですが、いざ自分の将来を占うとなるとどうも心理的抵抗を感じてしまい、今までほとんどやったことがありません。自分で決めた自分の人生を、信憑性の不確かなものにとやかく言われたくない、と思うからなのです。なので、普通なら自分の未来に関わる占いはやらない私なのですが、今回は「わんこタロット」ということで、わんこ中心の占いならやってみようかな、と軽い気持ちで占いを受けてみました。タロット占いは当たるだろうとか当たらないだろうとか、そういう気持ちは全く持たずに、いわば「素」の状態でYukie先生にわんこタロットをやってもらったのでが、それがよかったのかもしれません。

ビックリしました。このビックリ感はとても説明しづらいのですが、何といいますか、名のあるお寺や教会に行った時に、たとえ無神論者であったとしても確かにそこに神さまがいることを感じる、そういう、確かに存在する神秘の世界に自分は繋がったんだ、という実感がありました。でも、私がここで述べたいのは、タロット占いの信憑性についてではありません。占いが本物だとか偽物だとか、当たるとか当たらないとか、そういうこととはちょっと違う感覚について話したいのです。

私の個人的な感覚で申し上げますと、タロットは、ひとを導く様々なキーワードをカードの図柄で表し、未来へのヒントをカードの図柄からのインスピレーションとして与えてくれるものです。Yukie先生が導き出してくれた5枚のカードと、それぞれのカードについての解説を聞いて、私はそのカードが私に対して成す意味をハッキリと理解することができました。中でも、ソウルカードの「女帝」と未来を示すカードの「皇帝」は、私に鮮烈なインスピレーションを与えてくれました。“行きなさい、孤高と表現を愛する女帝の魂を持つひと。あなたの未来を指し示す皇帝のカード、リーダーシップのシンボルを信じて、自分の思うままに、行きなさい”そう語りかけられているように感じました。そのメッセージに導かれるように、今の私は「ワンコの応援メッセージ」の制作活動に全力を注いでいます。詳しい占いの結果に興味のある方はムービーを見てみてくださいね。

後日、Yukie先生のブログで先生が、日本メンタルヘルス協会基礎心理カウンセラーの資格を持つ心理セラピストであることを知り、納得。わんこタロットをしている時の先生の語り口調は、私にはあなたの未来がわかります的なあやしさが全くなく、図書館の司書のひとと話しているような、心が落ち着く穏やかさがあると感じていたのですが、それは心理セラピストという先生の資質からくるものだったんですね。Yukie先生のわんこタロットは、私にとって貴重な“導き”となりました。私は先生が示してくれた“皇帝の未来”のことを一生忘れません。この先、何かに挫けそうになった時私は、きっと皇帝のカードのことを思い出すことでしょう。Yukie先生、本当にありがとうございました☆彡


★ご感想のコメントお待ちしています★
(「Comment」または「コメント」をクリック、または「この記事へのコメント」下部をご覧下さい)
★このブログはリンクフリー、埋め込み動画利用もOKです。リンクして頂いた際はご一報頂けますと、シッポふりふり喜んじゃいます!
★ドッグムービーに関するお問い合わせやご連絡はこちらまで

ニックネーム 鈴っぴ&スージー広野 at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ワンコといろいろ体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月25日

「黒パグナイトの長友心平 似顔絵イベント2 おしゃれドッグ編」


(*PCの方は再生ボタン、携帯の方は作品タイトルをクリック)

作品解説:
黒パグナイトが第3回おしゃれドッグで開催された長友心平さんの「似顔絵イベント」をワンワンレポート♪今回はオーナーのスージー広野さんとのツーショットを描いてもらいました♪心平さんの色彩マジックの全てをノーカットで大公開☆彡(ハイビジョン4分作品)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ロケ地:東京都西東京市 わんわんTown
撮影日:2011年4月
参考URL

<イベント主催団体>
わんチャンネルTV(PCサイト)

<イベントが行われた室内ドッグラン>
★東京都西東京市の室内ドッグラン・わんわんTown(株式会社田無ファミリーランド)さんは、残念ながら2011年5月31日で閉館となりました。ドリンクバーのある休憩スペースを併設し、親切なスタッフの方が常駐していたとても素敵なドッグランでした。いつか復活してほしいです★

<長友心平さんの公式サイト>
SHINPEI NAGATOMO 長友心平 - 長友心平(PCサイト)

◆鈴っぴの制作日誌◆
長友心平さんは、2010年10月に吉祥寺のLaLa Dogsさんでナイトの似顔絵を描いてもらって以来、すっかりファンになったイラストレーターさんです。アジアカップ2011以来、長友というとサッカーの長友佑都選手を指すようになりましたので、わが家ではちょっとなれなれしく“心平さん”と呼んでおります。心平さんに絵を描いてもらってからは、公園なんかで見かける「似顔絵描きます」のノボリに目がいかなくなりました。絵を描いてもらうのなら心平さんじゃなくちゃ、と思うからです。
心平さんの絵のどこがよいのかといいますと、まず第一に「華やかな色づかい」です。気持ちがパッと明るくなる、蛍光カラーやパステルの色調がとてもおしゃれです。おしゃれだけれども現実離れしていなくて、親しみがあり、爽やかです。可愛いながらも甘すぎないので、男性からも好かれる絵だと思います。心平さんの絵のよさはひと目見ればお分かり頂けると思いますので、是非ムービーを見てみてくださいね!

今回心平さんに絵を描いてもらって感じたのは、心平さんは目の前にある現実を「書き写して」いるのではなく、現実世界を投影しつつも、自身の内なる世界に存在する風景をこの現実世界に「描き出して」いるのだということでした。だから心平さんの絵は「上手い」のではなく「素敵」なのです。心平さんが描いた絵を見ますと「あぁ、心平さんの世界に住んでいる黒パグナイトはこんな姿をしているのか」という不思議な感覚を覚えます。そこに描かれているのは確かに自分の愛犬であるのだけれど、実は「もう一匹の黒パグナイト」なのです。芸術家が芸術家たりうる条件は、確固たる作品世界を自らの内に秘めているかどうかということだと思いますが、そういう意味で心平さんは「本物の芸術家」といえます。そのような方に気軽に似顔絵をお願いできるのは、ラッキーとしかいいようがありません。

蛇足ですが、今回の作品では、いつも撮影を担当しているスージー広野が似顔絵のモデルになっていたたため、不肖鈴っぴがカメラマン役を務めました。心平さんの筆づかいをあますところなくとらえるため、極力カメラを動かさずに安定感のある画づくりを心がけたのですが、終わりの方でちょっと気が緩み、うっかりズーム・ボタンを触ってしまいました。しまった!と青くなり、落ち着け落ち着け、ゆっくりズームを戻して…と思ったら、ズームアップした絵の右上の余白部分に心平さんが「黒パグナイト」と描き始めたのです。映像を見ると狙って撮ったように見えますが、これは全くの偶然の産物です。私はこの
部分の映像を「神さまがくれたショット」と呼んでいます。あるいは、「SHINPEI・ザ・ファンタスティック」と呼ぶべきか。心平さん、これからもファンタスティックな体験をよろしくお願いします!

◎第3回おしゃれドッグ・イベント紹介◎


◎黒パグナイトのLaLa Dogs吉祥寺 長友心平 似顔絵イベント◎


★ご感想のコメントお待ちしています★
(「Comment」または「コメント」をクリック、または「この記事へのコメント」下部をご覧下さい)
★このブログはリンクフリー、埋め込み動画利用もOKです。リンクして頂いた際はご一報頂けますと、シッポふりふり喜んじゃいます!
★ドッグムービーに関するお問い合わせやご連絡はこちらまで
★ワンコとお出かけをする際は、事前に訪問先のワンコ受け入れ状況をご確認ください★
ニックネーム 鈴っぴ&スージー広野 at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ワンコといろいろ体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月17日

「黒パグナイトの東京 PET-SPA 健康大好きキャンペーン2011」


(*PCの方は再生ボタン、携帯の方は作品タイトルをクリック)

作品解説:
黒パグナイトが東京のトリミング&ペットショップPET-SPAの健康大好きキャンペーンをワンワンレポート♪CARE+CUREひばりヶ丘店さんの撮影協力を得て、診察室での狂犬病注射風景を公開、武蔵御嶽神社のお守りをもらいました!(ハイビジョン4分作品)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ロケ地:東京都西東京市 PET-SPA CARE+CUREひばりヶ丘
撮影日:2011年4月
参考URL
PET-SPA|アドホック(PCサイト)
武蔵御嶽神社|東京都青梅市(PCサイト)

◆鈴っぴの制作メモ◆
「西武園ゆうえんち ワンちゃんが主役の2日間」や「としまえん ドッグパーク」の運営を手がけた西武グループのアドホックさんは、ペットに関するコンサルティング業務やペットケアサービスの業務受託を行っている会社で、トリミング&ペットショップの経営も行っています。そのお店がPET-SPAで、関東近郊に14店舗ほど出店されており、黒パグナイトは昨年の夏に軽井沢・プリンスショッピングプラザにある軽井沢店さんに遊びに行ったことがあります。CARE+CUREひばりヶ丘店さんは我が家から一番近い所にあるお店で、一度お邪魔したいとかねがね思っておりました。そして今年の春、CARE+CURE所沢店さんとCARE+CUREひばりヶ丘店さんで「健康大好きキャンペーン」が開催されることを知り、今回は大胆にも「撮影協力」をお願いしてのドッグムービー制作となりました。撮影許可申請にあたり大変お世話になりましたアドホックの田中社長さん、Tさんに、この場をお借りして心より御礼を申し上げます。また、撮影にご協力いただきましたCARE+CUREひばりヶ丘店の岩崎さん、スタッフの皆さん、本当にありがとうございました!

本作では、関係者の皆さんのご好意により、診察室での狂犬病注射の様子を撮影することができました。狂犬病注射やワクチンは、ワンちゃんを飼い始めた人が最初に動物病院に行く機会に当たることが多いと思います。初めて愛犬を病院に連れて行くことに不安を感じる人もいらっしゃるかと思いますが、診察室で黒パグナイトが注射をされる様子が、少しでもその不安を和らげることのお役に立ちましたら幸いです。ちなみに黒パグナイトは、生来の穏やかな気質と鈍さのせいか、注射をされてもウンともスンともいいません。そういうワンちゃんもいれば、やっぱり注射は苦手というワンちゃんもいますので、そのようにご理解いただければと思います。

「健康大好きキャンペーン」でいただいた武蔵御嶽神社のお守りは、黒パグナイトのお出かけ用の首輪にさっそく装着いたしました。お守りのご祈祷をしてくれた武蔵御嶽神社さん、実は黒パグナイトは、以前お参りに行ってお守りを頂いたことがあります。
下その時の様子(2分18秒〜2分51秒にご注目!)

(*PCの方は再生ボタン、携帯の方は作品タイトルをクリック)

★コメントお待ちしています★
(「Comment」または「コメント」をクリック、または「この記事へのコメント」下部をご覧下さい)
★このブログはリンクフリーです。リンクして頂いた際はご一報頂けますと、シッポふりふり喜んじゃいます!
★お問い合わせやご連絡はこちらまで★
★ワンコとお出かけをする際は、事前に訪問先のワンコ受け入れ状況をご確認ください★
ニックネーム 鈴っぴ&スージー広野 at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ワンコといろいろ体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする