2016年02月21日

ポレポレ映画祭2016(福島県いわき市)でポレポレ賞を受賞しました☆彡

福島県いわき市の映画館ポレポレいわきの『ポレポレ映画祭2016ショートムービー部門』に出品した黒パグナイトの動画「ワンコの福島応援旅ムービー2013-2014 いわき市〜豊間・薄磯・四倉を訪ねて」が、ポレポレ賞を授与いただきました☆彡

ポレポレ映画祭2016ショートムービー部門【結果発表】
https://www.facebook.com/polepole.shortmovie/posts/961386583937136

出品作「ワンコの福島応援旅ムービー2013-2014 いわき市〜豊間・薄磯・四倉を訪ねて」はこちらです。



この作品は、「ワンコの福島応援旅ムービーいわき市〜豊間・薄磯・四倉を訪ねて」として発表した「灯台が照らす街、豊間」「空を見上げる街、薄磯」「朝日が昇る街、四倉」の三作品を、一本の作品として再編集したものです。映画祭の出品規定により作品分数に制限があったため、三作品それぞれから一部内容を割愛しましたが、いわき旅を重ねてきた今の私の言葉で、冒頭とエンディングを語ってみました。三作品とはまた違った形で、ストレートにお伝えできるものがあるかと思います。

ポレポレ映画祭2016ショートムービー部門受賞作は、ポレポレいわきにて2月28日に表彰式と上映会が行われました。わが家の作品は普段ネットでご視聴いただいていますが、その作品が映画館のスクリーンで上映されるというのは、特別なものがありました。感無量という気持ちもありましたが、それ以上に、複雑な思いがありました。

津波に押し流された薄磯。その街の跡に描かれたガレ花。それがスクリーンに映し出された時、この町所に住んでいた人、今映っている建物跡の家に住んでいた人がもしもこの映像を見たら、どう感じるのだろう。それを撮影した側がどんなに言葉を取り繕っても、当事者のひとにとっては、それが辛い映像であることに変わりはないでしょう。

災害が起きた日から何年経ったとしても、悲しみが消えることはない。その悲しみが少しでも昇華されることを願って、被災した町の映像に祈りの言葉を添えて世に送り出すのだけれども、そうした映像を当事者の方に見せてしまうかもしれないということは、罪深いことではないのか。誰かのためと言いながら、結局は我欲のためにしていることにならないか。それは卑しい行為ではないだろうか。その言葉を、繰り返し繰り返し、自身に問うてきました。

私の人格は、それを語るに耐えうるものだろうか。
私の誠実さは、それを語るに足りうるものだろうか。

その自問自答に終わりはありませんが、表彰式での上映の後に講評でいただいた言葉で、拙い私たちの思いが、当事者の方々の気持ちにわずかでもかなうものであったと知ることができました。講評で頂戴したのは、人柄が現れた作品との言葉でした。また、震災の後たくさんの映像制作者がいわきを撮ったけど、それは原発がからんだものだったりして暗いものが多くて、それを“癒し系ムービー”として見事に表現した、とも評していただきました。そして、この作品が好きです、と言っていただけて、とても嬉しかったです。

福島といわきを犬連れ観光旅で応援したいという気持ちで始まったわが家の旅。その中で、良かった、嬉しかったと思えるできごとに出会えると喜びはひとしおですが、そこで終わってはいけないのだと思います。嬉しいと思う気持ちの、その先へ。誠実さを忘れずに。迎えてくださる方々に感謝して。

ありがとう、いわき。また、会いに行きます。

映画「ワンコの福島応援旅ムービー2013-2014〜いわき市 豊間・薄磯・四倉を訪ねて(三部作バージョン)」はこちらをご覧下さい。

★このブログはリンクフリーです。リンクして頂いた際はご一報頂けますと、シッポふりふり喜んじゃいます!
★お問い合わせやご連絡はこちらまで★
★ワンコとお出かけをする際は、事前に訪問先のワンコ受け入れ状況をご確認ください★

ニックネーム 鈴っぴ&スージー広野 at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島応援旅・東日本大震災復興応援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/4136713
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック