2015年07月18日

「黒パグナイトの神奈川 三浦半島 油壺海辺のウォーキング 絶景ショットと生き物観察」



映画動画紹介
黒パグナイトが神奈川県三浦半島の油壺の海辺をワンワンレポート♪ 富士山の見える荒井浜海水浴場からウォーキングスタート。岩を越えた向うの浜辺ではハマゴウをはじめとす海辺のお花に遭遇、記念撮影は富士山バックの絶景ショット☆彡潮溜まりをのぞいたらハゼさんがいたよ!(ハイビジョン4分作品)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ロケ地:神奈川県三浦市 三浦半島 油壺
撮影日:2015年7月
参考URL
三浦市/海水浴場情報

駐車場 駐車場メモ
油壺マリンパークに行く途中の市営油壺駐車場を利用しました。朝の8時少し前に着き、係の人に聞くと駐車場は午前8時からとのこと。駐車場には既に沢山の車がとまっていましたが、まだ余裕があったので車をとめ、ここから歩いて荒井浜海水浴場に向かいました。海辺の散策を終えて帰ってきたのが午前10時過ぎだったのですが、その頃には駐車場は満車になっていました。海水浴シーズンでしたので、早めに着いて車がとめられて良かったです。

あせあせ(飛び散る汗)混雑度メモ
海水浴シーズンだったので、混雑を予想して朝早めの時間に現地入りしました。海水浴場には沢山の人がいましたが、ほどよい混雑でした。

犬 犬の同伴条件メモ
現地では犬の連れ込みを制限する表示は特に見ませんでした。海水浴客の人たちのお邪魔にならないよう、波打ち際から離れたところを歩くようにしましたが、海水浴場を出ると人ごみが一気に減ったのでそこからは気兼ねなく歩けて楽しかったです。


目 オススメ情報
ムービーでも紹介していますが、荒井浜海水浴場から油壺マリンパーク下の散策路はルート全体が富士山のビュースポットになっています。海水浴シーズンだというのに周りに誰も人がいないプライベートビーチのような磯で、富士山をバックに愛犬と記念写真を撮るというのは何とも贅沢な体験でした(^^)

exclamation注意
訪問したのは7月19日で、普通ならこの時期に愛犬と海に行くなんていうのはやらないのですが、この日に油壺マリンパークでペットのイベントがありまして、これに行くため、真夏の犬連れ海辺行きを決行しました。暑さを覚悟していましたが、この日は奇跡的に強い風とほどよい雲とで海辺は快適な気温でした。暑さに弱い短頭種の黒パグナイトが、海辺を散策している間一度もハァハァしなかったのですからビックリでした。そんなことは稀だと思いますので、次回行く時は夏場を避けてと思っています。

ペン鈴っぴの制作後記
三浦半島で磯歩きというと城ヶ島が有名かと思いますが、油壺は城ヶ島に比べると観光客がそれほど多くなく、穴場的なところが個人的にツボにはまります。木々に覆われた斜面を下っていくと、緑が切れた所に渚が現れるという景色の変化も好きです。波打ち際にささやかな砂浜があって、砂浜の端には森。砂浜と森の境目には小さな野原があり、その野原では海辺でしか見られない植物たちに出会うことができます。少し大きな砂浜に出ると、砂浜の際の磯で、潮溜まりに住む小さな海の生き物たちが迎えてくれます。歴史好きな人なら、この地を本拠地とし、北条氏に攻められ油壺の新井城で最期を迎えた相模三浦氏を偲ぶ散策がおすすめです。油壺の海辺のいろいろな楽しみ方をぎゅっと詰めたレポートムービーですので、是非お楽しみください☆彡

ニックネーム 鈴っぴ&スージー広野 at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/4125440
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック