2014年09月07日

「黒パグナイトの東京 西東京市 総合防災訓練 ペット同行避難の訓練をしたよ☆彡」


(PCの方は再生ボタン、携帯の方は作品タイトルをクリック)

黒パグナイトが東京都西東京市の総合防災訓練2014をわんわんレポート♪ペットの同行避難が地域防災計画に明記されているわが町西東京市の防災訓練に初めて参加しました。黒パグナイトは収容訓練を頑張りました☆彡(フルハイビジョン5分作品)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ロケ地:東京都西東京市 中原小学校
撮影日:2014年9月
参考URL
西東京市公式サイト(PCサイト)

駐車場 駐車場メモ
近隣のコインパーキングを利用しました。

あせあせ(飛び散る汗)混雑度メモ
この日はあいにくのお天気でしたが、訓練会場には沢山の方が来場していました。多少の混雑はありましたが、犬連れでも普通に歩けるぐらいの程度でした。

犬 犬の同伴条件メモ
西東京市公式サイトで「ペットを連れて訓練に参加いただける方は、危機管理室までお問い合わせください」とあったのを見て、事前に市役所の危機管理室に電話をして参加する旨を伝えると、危機管理室の方からはリードを付けることとトイレの後始末をするためのものをお持ち下さい、と言われました。訓練当日、危機管理室の方の指示通り中原小学校グランド南の受付を訪ねると、西東京市獣医師会の先生方がいらっしゃるペットの相談コーナーの場所を教えて頂いて、そちらへ行ったら危機管理室の方から私たちが参加することの連絡がちゃんと届いていました。お世話になった皆々様、どうも有難うございましたm(__)m

レストラン 犬連れ飲食メモ
防災訓練なので普通のイベントのような飲食店の出店はありませんでした。私たちは午前10時に会場に入ってお昼頃に引き上げましたが、お昼ご飯をはさんで訓練に参加する場合、食事は持参するとよいかもしれません。

目 オススメ情報
ムービーでは割愛しましたが、ひばりが丘総合運動場の方でライフライン関係機関体験訓練をやっていて、災害伝言ダイヤルや地震の揺れで止まってしまったガスメーターの復帰作業なんかを体験し、結構おもしろかったです。

exclamation注意
ひばりが丘総合運動場はワンコOKなのですが、芝生には入れないという掲示があったので周りの道は歩きました。ひばりが丘児童センターの会場は、中原小学校の受付でこちらはワンちゃんはご遠慮下さいと言われました。地震動シミュレータなどの体験が出来ておもしろそうな会場だったのですがワンコは行けないので、この会場の訓練に参加する場合は、ワンコは別会場でお留守番して交代で行ってみるとよいかと思います。

ペン鈴っぴの制作後記
私がペット同行避難に強い関心を持つようになったのは、東日本大震災がきっかけでした。広範囲にわたる甚大な被害に加え、原発事故の影響により、多くの人々が住みなれた故郷と日常の暮らしとを失いました。それはペットたちも同様でした。すさまじい混乱の中で自宅に置き去りにされたペットたちがいました。飼い主さんと一緒に逃げられても、避難先での受け入れの問題で苦しんだペットたちがいました。災害が起こった時、自分は自分の家族であるペットをどうやって守ったらいいのか、生き延びた後に家族が一緒に暮らし続けるためにはどうしたらいいのか、そういう難しい問題を目の前に突きつけられた気がしました。

ペットと暮らしている立場の者として私は、避難所や仮設住宅でペットを受け入れてほしいという思いがあります。もちろん、そのことによってペットを飼っていない人が迷惑をこうむったり、不快な思いをしてしまうことがあってはなりません。吠え声や排泄、衛生状態をきちんと管理し、他者を威嚇したり攻撃したりすることがないよう躾をほどこした上で、ペットの受け入れをお願いする必要があります。そういう意識を災害が起こっていない平常時から持つことで、日々の暮らしの中で起こるペットの問題を減らし、いざ災害が起こった時もペットを円滑に受け入れて貰えるよう働きかけることができると思います。

2013年3月、災害時に原則としてペットが飼い主と同行避難できることを明記した「災害時におけるペットの救護対策ガイドライン」の概要と作成が環境省から発表され、ペット同行避難普及の大きな一歩となりました。そのニュースを目にした時、私は、自分の住む東京・西東京市の地域防災計画を公式サイトで閲覧し、そこに避難施設へのペットの受け入れのことが書かれているのを見つけました。それは嬉しい発見でしたが、書類に書かれていることが現実に実現するのか、半信半疑な気持ちがしました。その後、西東京市の防災イベントの救助犬デモンストレーションの場で、西東京市ではペット同行避難が認められているという話を聞きましたが、それでもやっぱり、実際の避難でペット同伴が認められるのか不安でした。

それが今回、市の防災訓練の中でペット同行避難の訓練が実施されているのを目の当たりにしてようやく確信に至り、災害時にペットの支援をしてくださる西東京市の獣医師の方々に直にお会いすることによって、安堵感を得ることが出来ました。聞くと、西東京市では東日本大震災以前からペット同行避難訓練を実施していたそうで、自分の住む町の情報を気をつけて見ていたはずが全く見落としていたと知り、ちょっと反省しました。大きな問題に目を向ける時は、まずは自分の足元から見定めないといけないですよね。

防災訓練会場で気さくに接し、色々なお話を聞かせてくださった西東京市の獣医師の先生方、小松先生、吾妻先生、野村先生に、この場をお借りして改めてお礼申し上げます。そして学び深い体験とその機会をくださったわが町・西東京市に、心からの感謝を捧げます。

★コメントお待ちしています★
(「Comment」または「コメント」をクリック、または「この記事へのコメント」下部をご覧下さい)
★このブログはリンクフリーです。リンクして頂いた際はご一報頂けますと、シッポふりふり喜んじゃいます!
★お問い合わせやご連絡はこちらまで★
★ワンコとお出かけをする際は、事前に訪問先のワンコ受け入れ状況をご確認ください★

ニックネーム 鈴っぴ&スージー広野 at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ワンコといろいろ体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/3710441
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック