2013年08月11日

「黒パグナイトの福島 裏磐梯旅行 パノラマゴンドラでアサギマダラ観察☆彡」


(PCの方は再生ボタン、携帯の方は作品タイトルをクリック)

黒パグナイトが福島県裏磐梯のグランデコリゾートでパノラマゴンドラに乗車、ゴンドラ山頂駅で旅する蝶アサギマダラに会いました!近隣のワンコOKスポットも一挙ご紹介、黒パグナイトの2013年夏の旅行をお楽しみ下さい☆彡(ハイビジョン5分作品)

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ロケ地:福島県北塩原村 裏磐梯
撮影日:2013年8月
参考URL
グランデコ−ふくしま裏磐梯の極上リゾート(PCサイト)
キャンプ|休暇村裏磐梯(PCサイト)
ハーブスペース バンディア(PCサイト)
星野リゾート裏磐梯ホテル(旧 裏磐梯猫魔ホテル)(PCサイト)
道の駅裏磐梯 裏磐梯観光・休憩所(PCサイト)
まちの駅 五色沼の駅 無料休憩所(PCサイト)

駐車場 駐車場メモ
各施設付属の駐車場を利用しました。

あせあせ(飛び散る汗)混雑度メモ
お盆休み中に行きまして、どの場所もほどよく賑わっていました。一番混んでいたのは道の駅裏磐梯で、名物の手打ちそばを食べるまでにかなり待ちましたが、待った甲斐があるお味でした♪

犬 犬の同伴条件メモ
裏磐梯ビジターセンターで、五色沼への犬同伴についてお尋ねしたところ、人間と同じで、木道(探勝路)から外れて歩かないようにし、リード装着、排泄の持ち帰り、他の観光客とすれ違う際の注意など一般的なマナーを守ってくださいということを言われました。また、裏磐梯を含む磐梯朝日国立公園は、国立公園の規定(自然公園法)として公園の中に「生き物を放ってはいけない(ペットをリードから外すことが含まれます)」という決まりはあるが、ペットを連れて歩いてはいけないという決まりはない、ただし、各地区や自治体などで独自に定めている規則がある場合はそれに従う必要があるとも言われました。

そして、規則とは別に、自然の中へペットを連れて行くことはクマと遭遇した場合の危険性が高まるなどのリスクがあるとの説明を受けました。裏磐梯一帯はツキノワグマの生息域であり、観光名所として名高い五色沼やメインルート沿いにある裏磐梯ビジターセンターの敷地内でもクマの目撃情報が多々あるそうです。クマと遭遇した場合の対処法についてなどは、裏磐梯ビジターセンターの方がとても丁寧に説明してくれますので、皆さんも探勝の前に是非センターを訪ねてみて下さいね。

裏磐梯には五色沼をはじめ沢山の探勝路があります。探勝路へのペットの同伴についてネットで調べてみたところ、近年犬連れ旅行の増加に伴い、貴重な自然にペットの連れ込むことで環境破壊が深刻化しているという主張を目にしました。五色沼やデコ平では、犬の糞やマーキングの影響により野生動物が探勝路付近に近づけないようになってしまっているという意見があり、私はこうした意見があることに配慮して、今回の旅行では探勝路に犬を同伴する犬連れトレッキングはしないことを決めました。

磐梯吾妻スカイラインの休憩所で、山の中のトイレがない場所でやむを得ず大小をしてしまった場合、使用したティッシュを含めて大も小も持ち帰りましょうという内容でした。そして、これらがそのままにされると山の環境に影響が及ぶので、トイレはきちんとトイレ設備のある所ですること、トイレのない場所に行く場合は携帯用トイレを持参するように、という内容の掲示を見たことがあります。犬にも全く同じことが言えます。

パノラマゴンドラの山頂駅近くで、愛犬がオシ○コをしたのに片付けず、そのまま立ち去ってしまった人の姿を見ました。こうしたマナー違反によって、山の自然を思い胸を痛めている人がいることを私たち愛犬家はけっして忘れてはならないと思います。今一度、愛犬の排泄のマナーについて考えてみてください。

レストラン 犬連れ飲食メモ
ムービーでも紹介していますが、曽原湖エリアのハーブスペースバンディアさんには、犬連れでのんびり休憩できる喫茶テラスがあり、パンとハーブティーを楽しめます。道の駅裏磐梯の手打ちそばもオススメですし、ムービーでは割愛しましたが、裏磐梯物産館でテイクアウトできる生ジュースは絶品☆彡時季が合えば地元の果物を使ったジュースが飲めるじょ♪また、裏磐梯物産館のすぐ近くにあるジェラート屋さんはテラス席犬OKだったのでこちらも利用しました。裏磐梯の湖沼のひとつである柳沼に面したジェラート屋さんです。

目 オススメ情報
今回宿泊地として利用した休暇村裏磐梯キャンプ場はワンコOKの大変貴重なキャンプ場で、ネットで宿泊予約ができ、お値段もかなり手頃なのでオススメです。また、露天風呂から桧原湖が見える日帰り温泉を利用した星野リゾート裏磐梯ホテルは、日帰り温泉を大人2人で交代で利用している間、ホテルの駐車場に愛犬と一緒にいてもいいですか(もちろんマナー遵守で)と問い合わせたところ、すぐに大丈夫ですよというお返事を頂きました。メールでのやりとりでしたが、休暇村さん(こちらにも日帰り温泉あり)も星野リゾートさん(ペットと泊まれるお部屋があるそうです!2013年10月現在の情報、公式サイトより)もとても親切に対応してくださって本当に嬉しかったです。皆さんも裏磐梯に行くことがあったら是非利用してみてくださいね☆彡

exclamation注意
真夏の裏磐梯は、夜は気温が十度台に下がりますが日中はかなり暑くなります。グランデコのゴンドラに乗る時、駐車場から乗り場までの間のアスファルトがあまりに暑いので黒パグナイトを抱っこして移動しました。ゴンドラの中もちょっと暑かったです。道の駅や物産館の敷地でもアスファルトが暑い時がありました。肉球の保護をはじめとするワンコの暑さ対策は十分に!

ペン鈴っぴの制作後記
裏磐梯といえば、犬連れお出かけスポット情報誌でも紹介される東北エリア随一のワンコスポット、一度行ってみたいとかねがね思っていた所です。東京からは結構距離があり日帰りだとちょっとキツいので、夏の休暇を利用して二泊三日で行ってきました。黒パグナイトにとっては初めてのキャンプ旅行でした。探勝路や裏磐梯三湖の湖畔で遊ぼうと思ってましたが、探勝路は前述のことがありパス、湖畔は有料施設の敷地内(主にキャンプ場)になっているところがほとんどで立ち寄りには向かず、気軽に遊ぼうと思うとちょっと難しい所だなと感じました。桧原湖の遊覧船はケージかカートでワンコOK、モーターボートなら抱っこでOKと呼び込みの方から聞きましたが、ケージを持っていなかったのとボートは予算の関係でパス。そんな中、グランデコのパノラマゴンドラ山頂駅で思いっきり遊べたのは良い思い出になりました。アサギマダラの観察会、現地でスタッフの方に犬同伴の可否をお尋ねしたところ、大丈夫ですよとのことでした。ワンコも参加できる蝶の観察会って素敵ですよね!黒パグナイトが出会った裏磐梯のチョウチョさんたちの姿、是非ムービーでお楽しみ下さい☆彡

★コメントお待ちしています★
(「Comment」または「コメント」をクリック、または「この記事へのコメント」下部をご覧下さい)
★このブログはリンクフリーです。リンクして頂いた際はご一報頂けますと、シッポふりふり喜んじゃいます!
★お問い合わせやご連絡はこちらまで★
★ワンコとお出かけをする際は、事前に訪問先のワンコ受け入れ状況をご確認ください★

ニックネーム 鈴っぴ&スージー広野 at 15:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/3539115
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック