2011年06月30日

『震災復興応援ムービー〜Believe』

がんばろう、日本!
〜ワンコの応援メッセージ〜
第1シリーズ「Believe」


★ワンコの応援メッセージ第1シリーズ「Believe」は、さまざまな方から撮影のご協力を頂き、全4作を無事完成させることができました。撮影にご協力くださった方、ツイッターやブログからコメントを寄せてくださった方、そしてこの作品を見てくださった全ての方に、心から感謝を申し上げます。願いは『日本を元気にしたい!』、思いよ、届け!!

第1作『あきらめない勇気』

(*PCの方は再生ボタン、携帯の方は作品タイトルをクリック)

大きな困難に直面した時、その困難を乗り越えることを絶対にあきらめないひとがいるとしたら、そのひとはとても勇気のあるひとです。勝つか負けるか、成功するか失敗するか、その結果に関わらず、そのひとは最後までベストを尽くし続けるでしょう。そんなひとへ、心からエールを贈りたい。出演はミニチュアダックスフンドのケットくんとジャックラッセルテリアのスコップくんです。オーナーである松本さんご夫妻(室内ドッグランわんわんTownスタッフ)、撮影にご協力頂きました室内ドッグランのわんわんTownさん、どうも有難うございました!

第2作『支えあう心

(*PCの方は再生ボタン、携帯の方は作品タイトルをクリック)

本当に大切なものって、なんでしょうか。それは“こころ”だと思います。心って、どんなものでしょうか。心という言葉からは、あたたかさを感じます。小さいけれどもぬくもりを与えてくれる、ほのかな光です。それが、ひとつ、またひとつと寄り添いあって暗闇を照らしてくれる…その小さな力を、今、信じたい。出演はラブラドール・レトリーバーのマーガレットちゃんと、その素敵な家族であるジョージくんたちです。オーナーである星優子さん(フルーティスト)とマーガレットちゃんたち、暑い中、屋外での撮影にご協力くださいましてどうも有難うございました!

第3作『乗り越える力』

(*PCの方は再生ボタン、携帯の方は作品タイトルをクリック)

“信じる力”はどうやって生まれるのでしょう。誰かに信じてもらうこと、そこから始まって、でもそれだけでは、足りないのです。自分自身を信じることができなければ、“信じる力”は生まれることができません。自分を信じてくれる誰かと、自分を信じる自分自身とが呼びあって結びつくとき、そこにはじめて“信じる力”が生まれるのです。忘れないで、あなたは“乗り越える力”を持っていること、そして、一人じゃないことを。そんなワンコからのメッセージを、ドッグトレーナーの真壁先生&イタリアン・グレイハウンドのルーチェくんペアがドッグダンスで表現し、ミニチュアダックスのぐりくんとよもぎくんが特別出演してくれました。撮影に協力して下さったペットスタジオホッチの皆さん、どうも有難うございました!

第4作『つながる絆

(*PCの方は再生ボタン、携帯の方は作品タイトルをクリック)

困難な課題に立ち向かっているひとを見て、同じように行動することができない自分を、無力だと感じることがあると思います。たとえ行動することができなかったとしても、その場にいない人が、その場にいる人たちに共感し、声援をおくり、心をひとつにすることには、大きな意味があるはずです。そこに生まれる心の交流は、細くても切れることのない絆となり、その無数の絆がひとつにまとまる時、この国を支える強い力が生まれるのだと思います。ワンコの応援メッセージ第1シリーズ「Believe」、フィナーレを飾るのは、K9ゲームチーム「Wan Peace」の9頭のワンコたちです。撮影に協力して下さった犬の家 Wan Peaceさん、どうも有難うございました!

【がんばろう、日本!〜ワンコの応援メッセージ〜について】
東日本大震災からの復興を願い、何か少しでもできることをと考え、黒パグナイトのドッグムービー・ファミリーは、震災復興応援ムービーの制作活動を行うことにしました。この活動は当初2012年3月31日まで続ける予定だったのですが、活動期間を1年間延長し、2013年3月31日まで続けることにしました。

【第1シリーズ「Believe」について】
第1シリーズのテーマとして選んだのは「信じること」です。東日本大震災後、あまりにも悲惨な被害状況に言葉を失いました。連日ニュースで報道される瓦礫の山と化した街、膨大な数の死者と被災者、家族と引き裂かれたペットたち、取り残され飢えて死んでいく家畜たち……この状況に、いったいどんな言葉が救いになるというのか。“頑張って”“笑顔を忘れないで”そう言いたかったけれども、それらの言葉をまだ言える段階ではないと感じました。その悲惨な状況に、原発情勢がさらに追い討ちをかけました。“首都圏はもうダメだね”そんな言葉をネットで目にしました。“もうダメだ”…なんて寂しく、なんて嫌な言葉なんでしょう。この暗い言葉を打ち消してやりたい。そう思ったとき、「信じる」という言葉が胸に浮かびました。何十回、何百回繰り返してもいい言葉だと思いました。私たちが仲間と自分自身を信じているように、ワンコたちも私たちを信じているはず。ワンコたちの力を借りて、「信じる」という言葉を日本中に広げたい。この第1シリーズは、そんな願いを込めて制作いたしました。

晴れワンコの応援メッセージ第2シリーズ「電力不足に負けないぞ!・夏」はこちらをご覧下さい。

レストランワンコの応援メッセージ第3シリーズ「うまいぞ、東北!」はこちらをご覧下さい。

桜ワンコの応援メッセージ第4シリーズ「復興の春」はこちらをご覧下さい。

★コメントお待ちしています★
(「Comment」または「コメント」をクリック、または「この記事へのコメント」下部をご覧下さい)
★このブログはリンクフリーです。リンクして頂いた際はご一報頂けますと、シッポふりふり喜んじゃいます!
★お問い合わせやご連絡はこちらまで★
★ワンコとお出かけをする際は、事前に訪問先のワンコ受け入れ状況をご確認ください★

ニックネーム 鈴っぴ&スージー広野 at 14:03| Comment(12) | TrackBack(0) | 福島応援旅・東日本大震災復興応援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
遅くなりましたが、素敵なムービーですね。
オリジナルBGMもとっても良いです。

余震自体はだいぶ落ち着いたようですが、早く避難されている方がペットと生活できるといいですね。
今は祈ることしかできません。
Posted by ウマパグ at 2011年05月12日 01:51
>ウマパグさん
コメントありがとうございます。
東日本は昨日も小規模ですが余震があり、
原発情勢も一進一退を続けていますが、
何とか頑張りぬかねば、と思います。
このワンコの応援メッセージムービーが
皆の祈りを天に届ける小さな力の
ひとつになれば幸いです。
Posted by 鈴っぴ at 2011年05月12日 07:17
マーガレットちゃん、10歳を超えてるのに若々しい。
それでいて、大型犬らしい穏やかさがありますね。
ジョージ君達を子供だと思っているのかな!?

我が家のチワワは熊のダッフィーがお気に入りで時々一緒に寝てますが、パグ`sにかっこうのオモチャにされています。

震災は、復興に立ち上がることさえ許されない、原発周辺の状況に特に胸が痛みます。
引き裂かれた家族達がまた一緒に暮らせますように。
Posted by ウマパグ at 2011年06月03日 22:59
>ウマパグさん
いつもコメント有難うございます。
震災から間もなく三ヶ月。
TVからは被災地の話題が少しずつ
減ってきていますが、被災地では
困難な状況が続いています。
これからはその情報ギャップを
埋めることが求められると思います。
私たちは「ワンコの応援メッセージ」を通じて
微力ながらそのお手伝いをしていきますので、
今後ともどうぞよろしくお願い致しますm(__)m
Posted by 鈴っぴ at 2011年06月04日 10:19
素敵なムービーですね(*^^*)
震災から3ヶ月
これから更なる絆が必要とされる時期。
動物のため、人のため、社会のため
私も自分にできることから、しっかり考えます!
今後とも宜しくお願いします(゚∇^*)

Posted by Rone Net-shop at 2011年06月10日 11:44
>Rone Net-shopさん
コメント有難うございます。
「これから更なる絆が必要とされる時期」、
本当にそうですよね。
黒パグナイトのドッグムービーも、
微力ながら自分たちにできることを
精一杯やっていきたいと思います。
このプロジェクトは来年3月まで続けますので、
これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。
Posted by 鈴っぴ at 2011年06月10日 12:28
ツイートありがとうございました。
ホームページとわんちゃんの応援メッセージ見させていただきました。
これからも、がんばってください。
お互いがんばりましょう!
Posted by トーヨーペット at 2011年06月22日 15:33
>トーヨーペットさん
コメント有難うございます。
辛く、悲しいことの多い時代ですが、
痛みを受け止めて乗り越えられるように
頑張りたいと思います!
Posted by 鈴っぴ at 2011年06月22日 16:03
楽しく拝見させていただいてます。
(まとめての感想で申し訳ないです)
第4作は、違う犬種のチームなのに揃って動いているのが凄いと思いました。
第3弾のルーチェ君はダンスもさることながら、その神秘的な瞳に吸い込まれそうですね。あと、オープニングの黒パグナイト君も、何ともいえない、いい表情をしています。

こういう年ぐらい冷夏になってもいいと思いますが、自然というのは意地悪です。
我が家のパグ達はエアコンの恩恵を受けていますが、被災地の暑さに弱い犬達が心配です。
Posted by ウマパグ at 2011年06月30日 23:45
>ウマパグさん
いつもコメント有難うございます。ウマパグさんのコメントは、本当に制作の励みになっております。おかげさまで「ワンコの応援メッセージ」第1シリーズは全作が完成し、プロジェクトのひと区切りを迎えることができました。心より御礼申し上げます。

第3作のルーチェ君はドッグリゾートWoofで
開催された「第1回ドスカー賞」で大賞を
受賞した経歴を持つ名優さんです。とっても優しくて可愛いワンちゃんなんですよ。

第4作には、犬種を越え、一つのチームとして大会出場を目指しているチームWan Preaceの姿に、自分たちの姿を重ね合わせて見てほしい、という思いがあります。

東京は6月末から早くも真夏日が続出してますが、頑張って節電して、電力不足の夏を乗り切ろうと思います。被災地のペットたちが無事に夏を越えられるよう願うばかりです。
Posted by 鈴っぴ at 2011年07月01日 12:34
ツイートありがとうございました
震災後南相馬や山田町大船渡など数件のペット輸送を承りまりました、夏場でしたのでハエが大量発生していて車の窓を少しでも開けていると車の中がハエだらけになっていたことを思い出します、飼い主様と共に非難したり引越し先に連れて行ってもらえるペットは幸せです、中には飼い主様と離れ離れになり互いに再会できないペットたちも数え切れないほどいるようです、少しでも被災地のペットたちの力になれれば幸せです
Posted by 湘南ペットハイヤー at 2011年10月06日 19:54
>湘南ペットハイヤーさん
貴重なご体験のコメント、有難うございました。

私は被災地には直接行ったことはなく、現地の惨状はTVでしか見たことがありません。TVで直接現地を訪問された方が、春の頃は「ヘドロの異臭」、夏の頃は「魚が腐ったような異臭」を感じると言っていたのを思い出しました。

匂いをはじめ、現地に行かなければわからないこと、ありますよね。現地には行けなくとも、被災地の実情に心を寄せ、被災地にいる方の言葉に耳を傾けること、心がけたいと思います。
Posted by 鈴っぴ at 2011年10月07日 10:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/2603068
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック